ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECB会合でユーロ行って来い、
注目の雇用統計は楽観ムード

2014年04月04日(金)19:01公開 (2014年04月04日(金)19:01更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日のアジア時間では、為替相場はドル高の水準で張り付いたまま。ユーロドルは1.37台の中盤、そしてドル円は104円ちょうどをはさんでのレベルだ。今回のECBの金利会合がやや関心が高まっているので、それに向けての様子見の姿勢が強まった。果たしてECBはユーロの利下げを行うのか。

 ここ1カ月の間に高まってきたユーロ金利の先安観は、ECBの理事やドイツの金融当局者の発言のためである。それを裏付ける何か積極的な材料が出てくるのか。それともユーロ高を抑えるための口先だけのことだったのか。それを確かめにいく。

 私もユーロの利下げを含む、緩和方向に動くことはないと見ている。根拠は欧州株が歴史的な高値の近くに張り付いているからだ。株価が高いのは実体経済というよりも金融の効果であることには違いないが、それでもこんなに株高なのだから一段のイージングをするための理由に乏しい。

 ましてやインフレを懸念する傾向の強い欧州のことだ。彼らとしてもできる限り、早く出口に向かう方を選びたいところだろう。しかるに目先でユーロが下げていても、その反発はかなり大きいもの考えられる。ドラギ総裁の会見で何もフレッシュなことが出てこなかったら、それがユーロ買いのチャンスだろうと思った。レベルとしては1.3750ビローからロングにして、なんとか先月の安値の1.3705をバックに出来るようにポジショニングしたい。

 ECBの決定は変更なし。あとはドラギ総裁待ちだ。米国株も欧州株もピンピンに高いところでくっついている。21時半からのアメリカの経済指標はどうでもいい。少し遅れて出てくるドラギ総裁が何を言うかに注目が集まっている。まだ何を話しているかどうかもわからない時間のうちにユーロドルは上サイドから攻め始めた。

 私もすぐに飛び乗って買った。1.3779だった。1.38台に乗せるのは速かった。もう100ポイントくらい急上昇するものと期待した。しかしユーロ上昇は2分も続かなかった。私が自分のコストで売りのストップ注文をプレースしたと同時に、速攻でダンになった。

 やっとドラギ総裁の話していることが伝わってきた。ユーロの上値を抑えたのは、やはり金融緩和の方面の話をしたからだった。マイナス金利とか利下げが協議されたというし、「非伝統的な手段」という文言もユーロの利下げを現実味のあるものにしたからだろう。

 とにかくユーロ買いになるような材料はまったく出なくて、ユーロの上値は抑えられた。そしてニューヨーク時間にユーロドルは一段安してきたが、上値トライを失敗した直後でもあるので、もうユーロ買いにポジションを傾けられない。

 さて今晩は雇用統計である。ADP指数でもそれほど悪い感じではなかったので、雇用に関してはマーケットはかなり楽観的である。就業者数のコンセンサスもだいたい20万人の増加となっており、それに向けてドル高、金利高が進んでいる格好となっている。

 だから良い方向の数字にはマーケットは反応しづらいだろう。25万人を越えるとかでもないと、さらなるドル買い、株価上昇にはならなそうだ。反対にちょっとでも悪いと市場は過敏に反応しそうだ。私もドル円かユーロ円のショート目で見ている。

日本時間 18時20分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る