ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドラギ発言からユーロドル続落モード、
ユーロのショート態勢も続行か

2014年05月12日(月)17:25公開 (2014年05月12日(月)17:25更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 ドラギ総裁が6月利下げを示唆したかたちとなって、ユーロドルが150ポイントも下がって迎えた翌日、金曜日のアジア市場。やはりユーロの戻りは少ないものだった。ユーロドルもユーロ円も安値張り付きの状態のままなのである。欧州序盤では1.3840あたり。ユーロの材料が出たということもあって、私もドル円ウオッチはほどほどにしておいて、ユーロのほうに視線を傾けている。

 これだけユーロドルがショートカバーもなく、安値圏でじっとしているのだから、きっと売りたくても売れないオファーは上方にたくさん残っているのだろうとの想像がつく。私もむろん戻り売りスタンスだ。ユーロドルで売りにくければ、ユーロ円でもいいと思っている。どうせドル円はそんなに動かないだろうし。

 そしてまだ明るいうちに、ユーロドルは前日の安値であった1.3833を下回ってきた。しかしフレッシュゾーンだというのに、下げる勢いは小さいものだった。ガツンと売り込んだという感じがしないのだ。プライスアクションが悪いといえばそれまでなのだが、私も突っ込み売りを躊躇してしまった~。

 前日はユーロのイージングだということで盛り上がっていた欧州株だったが、ユーロクロスが安いということで、欧州株は利食い売りに押されている。まあ、そのうちリスク回避の形となって、クロス円主導でのユーロ売りの展開にもなるだろう。そう思って見ていたら、簡単に第2弾の下げに向かった。

 今度は1.38台という大台割れをトライ。私も1.3790で売りのストップ注文を置いて参戦。ショートメーキングである。差し込んだときに行って来いだと悔しいので、50ポイントほど先の1.3740で買い注文も出しておく。アゲインストに行ったならば、1.38台の回復ですぐに買い戻すつもりだ。

 1.37台に突入して、ちょっとマゴマゴしていたが、私の注文ができて以降は、それなりに素直に落ちた。といってもスピードも値幅もない。すぐにでもアゲインストになるような状態だ。走らないので、出してある注文を引っ込めて、ちょっと様子見していたが、1.3780あたりまでしか下がらない。

 外出して人に会う用事もあったので、ロスカットの注文だけを1.3800で置いて出かけた。23時前に帰宅はしたが、それほども下がっていなかった。ストップ注文がダンになっていないことを確かめてから、1.3781で買い戻した。

 ワインもかなり飲んでいたのでそのまま寝てしまったが、そこからがユーロドルの下げの第2弾の始まりであった。ニューヨーク時間ではさらに安値模索となって、1.3746まで下げている。しかもほとんど安値引けといってもよいだろう。この2日間でユーロドルは250ポイント下げたことになる。

 さて今晩はマーケットの材料がほとんどない。だからユーロ売りも需給が変わらない限り、同じような展開で安値追いとなりそうだ。どこかで売らないといけないのだが、金曜日に私が買い戻した1.3780あたりが戻りの限界ではないだろうか。欧州序盤にはポジションをつくっておくつもり。


日本時間 17時00分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング メキシコペソ比較 田向宏行
人気FX会社ランキング メキシコペソ比較 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る