ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

山本幸三議員発言があっても4月緩和の
可能性は低い。ドル/円の調整に要注意!

2015年04月02日(木)18:37公開 (2015年04月02日(木)18:37更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■中長期の米ドル高トレンドは変わらずもスピード調整は必要

 今週(3月30日~)はイースターホリデーを控えて、米ドル/円、ユーロ/米ドルとも、ポジション調整が主体のマーケットであり、レンジ圏での推移。

 ただ、米国の経済指標はまだら模様であり、4月1日(水)に発表されたADP全米雇用報告も芳しくない結果に。

 発表によれば、今回の数字に影響を及ぼしたのが、原油価格の下落と米ドル高

NY原油先物 日足

(出所:米国FXCM

米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 米国経済が好調であることは明白ですが、第1四半期のユーロに対する米ドル高のスピードが速すぎたため、米国企業の対応が遅れがちになっていることもあるのでしょう。

 ただ、ルー米財務長官は「強い米ドル(strong dollar)政策」をまったく変更していません

強いドル、堅調な米経済の反映であれば好ましい=ルー財務長官

ルー米財務長官は31日、堅調な米経済を反映してドルが上昇している場合には特に、強いドルが米国にとって好ましいとの認識を示した。米中関係に関する講演の後、聴衆に対して述べた。

長官は「強いドルは米国にとって好ましい。他国と比較して堅調な米経済を反映している場合には、特に好ましいと言える」と強調。一方、「不公平な介入の結果、ドルが上昇しているのであれば全く別の話だ」と述べた。

出所:ロイター

 米ドル高のスピードが米国経済に重大な悪影響を与えるようであれば、話は変わるのでしょうが、現状のレベルであれば、問題ないということなのでしょう。

 実際、米ドル高が困るのであれば、米国は利上げをしなければいいわけですから。

 結論としては、中長期の米ドル高トレンドは変わらないのでしょうが、ある程度のスピード調整は必要ということになります。

■日銀追加緩和期待による反動の円高に注意

 ここで注目されるのが、昨年(2014年)後半に急速に米ドル高となった米ドル/円

米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

前回のコラムでご紹介させていただいたように3月10日(火)でトップアウトしたと思われる米ドル/円は、本稿執筆時点で119.50円で推移。

【参考記事】
米当局から米ドル高牽制コメント相次ぐ! 米ドル/円は115円に向けて下落開始か(3月26日、西原宏一)

 マーケットでは、前述の山本幸三議員のコメントの影響で、にわかに日銀の追加緩和期待が高まっていることもあり、その反動での円高余地も拡大しています。

 このところの米国の経済指標は、米ドル高の影響もあって少し減速気味であるため、4月3日(金)の米雇用統計の数字には要注意

【参考記事】
なぜ、4月3日の米雇用統計時の相場はいつも以上に荒れる可能性があるのか?(3月31日、西原宏一&松崎美子)

米雇用統計の数字が好ましくなければ、米ドル高の調整スピードが加速する公算が高まっています

米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 引き続き、日銀の追加緩和期待の高まりでも上値を伸ばせず、調整モードが深くなってきている米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る