ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルはレンジ下限にステイ、
今週多くのイベント控えリスク姿勢に注目!

2015年04月13日(月)16:03公開 (2015年04月13日(月)16:03更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 先週の金曜日はマーケットでの材料は少なかった。欧州序盤ではクロス円の下落が顕著となって、ドル円もユーロドルも軟化。特にユーロドルは前日の安値を下回ってきてますますユーロ売り圧力が増大し、1.06ちょうど割れを狙っている様子だった。昼間の日本株が高かったのに加えて、ドイツ株も高く推移していた。したがってリスクの観点からはドル円は売りづらい。どちらかというとユーロドルを売っていくことになる。

 私も1.06ちょうどの手前でなんどかユーロドルのショートメークをしては、下げはじめて止まったら、そこを利食いの買い戻しの場とした。そして次に戻ったらまた売ろうと思って見ていても、まったく戻さなかった。しかるに安いところを売っていくしかない。

 そうなると相場の先っぽのところで戦っているのだから、コストは悪い。十分なリスクは取れない。まあ狙えてもせいぜいで10ポイントなので、損切までの目安は5-6ポイントまでとなる。厳しいステージだが、ユーロドルが下攻めしているのだから仕方がない。

 結局は1勝1敗のペースで1.05台への突入を迎えてしまった。私には珍しく大量のトレードをしてしまった。儲けは幾分残ったが、それにかけた労力は大きい。スモールポジションでじっとショートで我慢したほうが良かったのではないかという感じだった。でもさすがにここ最近のレンジの下限に達しているユーロドルだ。トレンドは下落方向だとわかってはいても、ここから1.04台の後半までは要注意ゾーンである。

 その後のニューヨーク時間では大きな動きはなかった。欧州時間でクロス円の崩れ、ユーロドルの下攻めをやり切ってしまって、みんな疲れたのかもしれない。週明けの東京市場、ドルは強含みとなり、ユーロドルは安値圏での推移となっている。

 今週は経済イベントが多い。センチメント系の経済指標ではエンパイア指数、フィリー指数、ミシガン大学など、連続して週の後半に固まっている。またアメリカの企業決算もいよいよ本格化し、JPモルガン、ウェルズファーゴ、インテル、バンカメ、ゴールドマン・サックス、シティグループ、GEなどである。アメリカ以外でも中国のGDPが出てくるし、ECBの金利会合もある。

 あまりにいろいろとあり本数も多いので、逐一どれに反応すればよいのかわからないほどだ。問題はドイツもアメリカも株価は最高潮のレベルに達している。それがキープできるのかどうかである。それによってマーケットのリスク許容度は激変する可能性を秘めている。


日本時間 15時30分
 

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る