ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ポリシーいずこの日銀会合、
円相場の値動きはますます軽く

2016年07月29日(金)14:30公開 (2016年07月29日(金)14:30更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 今日は日銀の金利会合である。昨日の夜にも緩和観測が高まって、ドル円が急上昇する局面があった。1円ほどジャンプして、105円台の中盤まで上昇。そして今日の早朝には反対の動きも見られ、ドル円は103円台のミドルまで急落し、これは昨日の安値をも下回るレベルである。

 しかし金利会合の当日になっても、まだ観測が出てきてマーケットが振らされている。これは市場との対話がまったくできていないという証拠だ。相場が上にも下にも行ける余地があるというのは、金融当局にとって情けないことである。当局が何をやろうとしているのか、ぜんぜんマーケットに伝わっていないということなのだ。

 金融政策はマネタリーポリシーというが、そのポリシーがはっきりしていないということになる。ポリシーを鮮明に打ち出せないということは、役人は仕事をしていないというに等しい。

 ともかくもトレードする身にとっては、マーケットは上下動が激しいほうがいいに決まっている。しかし政府が非難するように急激で行き過ぎた動きは嫌いなはずである。マーケットの規模が大きい割には、市場との対話を勘違いしている日本の市場は、未熟さを抱えているといわざるをえない。

 日銀の総裁もサプライズなどを考えているようならば、まったくの見当違いもはなはだしい。もっと愚直さを示さないと、マーケットに遊ばれて、ドル円も100円を割り込んでくるかもしれない。そのくらいの恐怖を感じて政策を作ってほしいものである。

 ところで今日になってもフラフラしているドル円だが、お昼が近付くにつれて売り仕掛けも目立ってきた。104円台にステイしていても、突然に103円台まで沈んでしまう。そして戻しもどんどんと縮まってきている。107円台まで戻したのは、もう古い話。次の戻しは106円台だったが、今は105円台となっている。すでに105円台ですら、遠くかすんで見えるようでもある。

 昼過ぎに日銀の会合は終了した。ある程度の追加緩和は期待されていたので、マーケットには織り込み済み。12時半を過ぎても発表がなかったが、ちょっと遅れて結果が出てきた。まったくの乱高下となって、ドル円は105円台の高値攻めをやったのち、予想よりも何もしていないなということでリスク回避に流れが変わった。ドル円は102円台まで突っ込んで、その後はやや戻す。

 ともかくも欧州序盤までは軽い値動きが続きそうだ。これで日本勢の買いたい連中の買いが一巡したようだから、その後の挙動に注意したい。海外市場でドル円は下攻めすることが、もっともありそうである。

日本時間 14時20分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る