ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

ドルのスピード調整はもう完了したのか?
「風見鶏たちの変節」を観察せよ!

2017年01月13日(金)17:23公開 (2017年01月13日(金)17:23更新)
陳満咲杜

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米雇用統計結果&トランプ氏会見後、米ドル反落

前回のコラムの指摘どおり、米ドル全体が反落してきた。 

【参考記事】
相場のサインを見逃すな! 米ドル/円のダマシを事前に見極める方法とは?(2017年1月13日、陳満咲杜)

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足

 先週末(2017年1月6日)のまだら模様の米雇用統計に続き、今週(1月11日)の、一部市場関係者に期待されたトランプ氏の記者会見で、具体的な経済対策への言及がなかったことが失望売りを招き、米ドルの反落を加速させたとみる。

 もっとも、本コラムが繰り返し指摘してきたように、いわゆる「トランプ・ラリー」自体がそもそも行きすぎだったから、この程度の反落はまだ微々たるスピード調整にすぎず、当然の成り行きであるどころか、むしろ「遅れた」値動きだと思う。

 したがって、米ドル全体がいったん頭打ちになり、また反落してくることは、ずいぶん前からテクニカル上のサインが点灯していたから、今さら後付けの解釈は不要だ。

■米ドルのスピード調整はすでに完了したのか?

 ところで、ドルインデックスの頭打ちを、上昇途中のスピード調整と位置づければ、いずれスピード調整自体が終わるから、足元の焦点は、同スピード調整がすでに完了したのかどうかにあるのではないだろうか。

 言い換えれば、筆者自身は米ドル高の継続性に懐疑的な見方を取るが、足元のスピード調整を過大評価するつもりはない。何しろ、米ドル高のトレンドは、なおはっきり維持されているからだ。

 このような感触は、昨日(1月12日)の値動きによって、一段と強化されている。ドルインデックスの日足は、昨日(1月12日)、50日移動平均線(50日線)を下回ったものの、再度同線の上で大引けしたことから考えて、米ドル売りが継続されるとは言い切れない。 

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 50日線が200日線を上回った2016年10月20日(木)以来、ザラ場安値をもって50日線を下回ったのはあの11月9日(水)、すなわちトランプ氏が当選した日のみであり、同線をキープできるなら、米ドル安の進行が深まっていくといった判断は性急だとみる。

 また、ドルインデックスは、2016年12月高値と2017年1月3日高値で形成されたいわゆる「トリプル・トップ」の前から、RSIとのはっきりした「弱気ダイバージェンス」のサインを点灯していた。ここから、足元までの反落が始まったのは、実は2016年12月15日(木)あたりからと計算される。 

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 こうなると、もう1カ月以上の調整を果たしていることになるから、調整自体が一服してもおかしくなかろう

 その上、RSIを観察すればわかるように、2016年11月9日(水)のちょっと前(A)に、RSIは主要な安値を形成していた。同安値レベルを足元のRSIは下回っており、いわゆる「リバーサル」のサイン形成を暗示している。 

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

 なぜなら、足元急落してきたとはいえ、ドルインデックスがまた101台をキープし、2016年11月初頭の96台の数値よりはるかに高いにもかかわらず、RSIのほうはずいぶん落ち込んでいるから、米ドルの反落自体が「スピード違反」の疑いを持たれるわけだ。

 同じ視点をもって米ドル/円を点検すれば…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る