ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

豪ドル/米ドルは0.8000ドルに向けて上昇か。
米国に続き、豪州も中国批判を強めるが…

2020年07月30日(木)12:53公開 (2020年07月30日(木)12:53更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米ドル/円は100円台へ向けて続落中

 みなさん、こんにちは。

 米ドル/円が109.85円へと反発した6月5日(金)以降、本コラムでは、一貫して米ドル/円は弱気のスタンスを続けてきましたが、今週(7月27日~)、やっと104円台に突入しました。

【参考記事】
米ドル/円は「雇用統計天井」で反落!ダウントレンド入り… 中期では100円へ(6月11日、西原宏一)
トランプ大統領が習主席に再選支援懇願!? 米ドル/円は依然として100円への過程に(6月18日、西原宏一)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 過去2年間、米ドル/円の104円台前半は、何度もサポートされているレベルです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 よって、104.00円をブレイクするのに一定の時間がかかるのでしょうが、米ドル/円の下落トレンドは変わらず。

米ドル/円は、100円台への過程にあると考えています。

 米ドル/円のターゲットは100円台で変わらずも、104円台前半の攻防に注目です。

■ポンペオ国務長官の発言で米中関係はさらに悪化

 もうひとつ、筆者が米ドル/円以上に注目している通貨ペアは、豪ドル/米ドル

 豪ドル/米ドルは、筆者が3月以降、一貫して強気のスタンスを続けてきた通貨ペアですが、6月前半に豪ドル/米ドルが0.7063ドルに到達して以降、様子見を続けてきました。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

 その要因は、米中関係の悪化

 そして、今月(7月)に入って、その関係が、さらに悪化してきました。

【参考記事】
米ドル/円、104円台半ば抜ければ100円が見えてくる! 動き出せば下落余地は大きい(7月27日、西原宏一&大橋ひろこ)

 まず、米国側では、ポンペオ国務長官の中国批判。

米国務長官、中国指導部の「暴政」批判-米中関係緊張高まる

ポンペオ米国務長官は23日にカリフォルニア州で演説し、中国指導者を世界的覇権を目指す暴君と位置付け、米中関係緊迫化の中で中国の方向性を批判した。

出所:Bloomberg

 これは、2018年10月4日にペンス副大統領がハドソン研究所で行った「中国との冷戦」を宣言した内容に近いものといえます。特に今回は、一昨年(2018年)の副大統領に続き、国務長官までもが同様の趣旨の発言をしている点が重要です。

 そして、中国側では成都にある米国総領事館の閉鎖。

中国、米国に成都の総領事館閉鎖を要求-ヒューストン閉鎖に対抗

中国政府は米国に対し、中国南部の四川省成都にある総領事館を閉鎖するよう要求した。中国外務省が24日に声明で明らかにした。米政府が中国にテキサス州ヒューストンの総領事館閉鎖を迫ったことに対抗する措置。

出所:Bloomberg

 マーケットのコンセンサスは、米大統領選挙を11月に控え、トランプ大統領は米国株を反落させるような行動は控えるのではないか?というのが主流ですが、こうした報道が続くと、米国株は調整を深める可能性が高まります

 こうした米中の動きを反映して…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る