ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

テーパリングに着手したカナダ。カナダ
ドルは全面高! 次は、米国やオセアニア?

2021年04月22日(木)16:11公開 (2021年04月22日(木)16:11更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■カナダがテーパリング着手で、カナダドル急騰

 みなさん、こんにちは。

 4月21日(水)の欧米市場では、BOC(カナダ銀行[カナダの中央銀行])のサプライズにより、カナダドルが急騰。

 まず、政策金利は0.25%のまま据え置き。声明では、「世界とカナダの経済見通しは改善した」と分析しました。

 そして、BOCは、資産買入れを従来の毎週40億カナダドルから30億カナダドルへ減額することを発表し、テーパリング(※)に着手

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 加えて、利上げ開始時期の予想を2023年から2022年後半へ前倒ししました。

 コンセンサスは2023年でしたので、タカ派サプライズとなり、カナダドルは急騰しました。

カナダドル/円 1時間足
カナダドル/円 1時間足

(出所:IG証券

 マーケットは、このBOCの決定を極めてタカ派と受け取っています。

カナダ中銀、金融緩和の規模を縮小-利上げのめどを22年に前倒し

マネックスのシニア外為アナリスト、サイモン・ハーベイ氏は「カナダ銀行はかなりタカ派的なメッセージを発した」と電子メールで指摘。

出所:Bloomberg

 この発表を受け、カナダドルは主要通貨に対し、全面高に。

 対米ドルでは、一時1.2460カナダドル、対ユーロでは1.4991カナダドルまでカナダドル高が進んだほか、対円では86.79円まで急騰しました。

米ドル/カナダドル 1時間足
米ドル/カナダドル 1時間足

(出所:IG証券

ユーロ/カナダドル 1時間足
ユーロ/カナダドル 1時間足

(出所:IG証券

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「FXトレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! 10日間の無料体験期間もあります! 詳しくは、以下のバナーをクリック!

西原宏一 トレード戦略指令!

■次にテーパリングを発表するのはどこか?

 このように、BOCが他の主要国に先駆けてテーパリングを発表しましたが、マーケットでは、次にテーパリングを発表するのはどこ?ということが注目されています。

以前コラムでご紹介させていただいているように、米国、豪州、そしてニュージーランドでは、不動産価格が急騰しており、インフレが進行。

【参考記事】
豪ドル/円は、短期目標の90円に向け続伸!オセアニアがグローバルな景気回復を先取り(2月25日、西原宏一)

 カナダがテーパリングに動いた事で、米国でも近々テーパリングが議論され始める可能性が高まっています

 JPモルガン・アセット・マネジメントは、6月にテーパリングの示唆があるだろうと予測

米金融当局は6月にもテーパリング計画示唆-JPモルガン・アセット

JPモルガン・アセット・マネジメントのトゥシュカ・マハラジ氏が、「米金融当局は6月にも資産購入を段階的に減らす計画を示唆し始める可能性があると指摘。

出所:Bloomberg

 来週(4月26日~)のFOMC(米連邦公開市場委員会)が注目されるところです。

★西原宏一さんの有料メルマガ「FXトレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスを配信!詳しくは、以下のバナーをクリック!

西原宏一 トレード戦略指令!

■センチメント改善で、オセアニア通貨は押し目買い

 不動産価格が高騰している豪州とニュージーランドもインフレが進行しているのは同じですが、加えて、豪州とニュージーランドでは、トラベルバブルが始まっており、センチメントもかなり改善。

 このオセアニア両国は、ポストコロナという意味において、北半球の主要国と比較し、先行しているといえます。

【参考記事】
早晩、ドル/円の調整は終わる可能性高い。108円台ミドルレベルは、買いの好機!(4月15日、西原宏一)

 ただ、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])は、雇用の改善を待つという慎重なスタンスも見受けられますので、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])のほうが、テーパリングを示唆する時期が早いかもしれません。

 この意味においては、豪ドルよりもニュージーランドドルのほうが上昇余地が拡大しているともいえます。

ニュージーランドドル/円 週足
ニュージーランドドル/円 週足

(出所:IG証券

 お伝えしたとおり、BOCがテーパリングに動いたことで、来週(4月26日~)開催されるFOMCに注目が集まっています。

 また、不動産価格の高騰とトラベルバブルが始まっている、豪州とニュージーランドということで、こちらも注目されますが、為替については豪ドル/円に加え、ニュージーランドドル/円も押し目買いスタンスで臨みたいところです。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る