ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

積極的なドル買い根拠には欠ける?
今晩の小売売上高に大注目!

2010年11月15日(月)19:10公開 (2010年11月15日(月)19:10更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 金曜日はガンガンにユーロ売りで攻めていこうと考えていた。欧州の信用不安が取りざたされているここ一週間で、ユーロポンドは500ポイント近くも落ちてしまったし、ユーロ円も111円台をみるに至っている。何度もユーロ売りのチャンスはあったのだが、どうも米国株や日本株が高値近辺で張り付いていて値崩れしていないのを目にしては、突っ込んでまでユーロ売りを仕掛ける心づもりがくじけてしまうのだ。

 しかし欧州時間の早い時間帯でユーロドルは1.35台にダイブ。朝方から何度か1.3650近辺で売っていたユーロドルショートを持っていた。最近はユーロドルとのリズムがあまり上手くあっていないと、薄々と感じていた。1.35台を見た後はまた1.36台戻してきた。そしてイタリア国債の入札が堅調だったこともあるのか、ユーロドルは猛烈に切り返してきた。その戻しかたもきわめてきつい。1.37ちょうどにロスカットを置いてあったが、このままでは来てしまいそうだと1.3680で止めた。

 悲しむ間もなく、あっという間に1.37台ミドルになった。前日と相場を取り囲む環境はあまり変わっていないはずなので、単なるショートカバーかもしれない。もう一度、ユーロドルをどこかで売ってみようと思っていたが売れずにいたら、ニューヨーク時間になってもユーロは落ちない。あ~あ、今日はユーロ売りの日じゃないの???ここにいたってだいぶ悲しくなってきて、私はミシガン大学のデータを見たあたりで寝てしまった。

 本日は日本のGDPが注目を集めた。プラスの0.9%となって、事前の予想を上回ったのだ。だが為替相場には、たいした影響は出てこなかった。中国の中央銀行が、投機を防止するための金融引き締め策を検討しているということで、日本円の長期金利も上昇をしてきたため、円はむしろ売られてしまい、欧州勢が参入するころにはドル円は83円乗せをトライすることとなった。

 82円台の後半は日銀が為替介入したレベル。ようやく、そこまで戻ってきたという感じ。じゃあ、ここから買っていくのかというと、それもまた難しい。ドルの金利が若干は高いほうにブレてはいるものの、依然として積極的なドル買いの根拠に不足しているからだ。
 今夜はアメリカの小売売上高が最大の関心事。すでに市場ではかなり良いものが想定されており、コアベースでもプラス0.5%前後が期待されている。狙うとしたら、この高すぎる予想の反動であろう。すなわちデータが悪かった場合の、ドル売りを取りに行くということだ。ドルを売るならば、今のところはドル円だろうか。指標の発表の直前に売ってみて、ストップ幅は40ポイント、利食い幅は80ポイントで臨みたいと思う。


日本時間 19時00分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る