ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
田向宏行式 副業FXのススメ!

米ドル/円は、昨年高値や152円の歴史的高値を上抜けてさ
らに上昇する思惑と、介入で押し下げられる思惑が交錯!
上下とも大相場になりそうだからこそ、小さく始めよう!

2023年11月14日(火)17:05公開 (2023年11月14日(火)17:05更新)
田向宏行

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 田向さんのメルマガ『田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!』内で開催されている、オンライン交流会の第3回目の開催が決定しました!

 開催日時は、11月18日(土)20時30分からで、参加できるのは11月8日(水)までにメルマガ購読者となった方です。今回は初の土曜日開催で、平日は本業で忙しい方も参加しやすい日時設定となっています。

 「オンライン交流会の雰囲気ってどうなの?」「田向さんのメルマガはどんな内容なの?」という方は、以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

【※関連コンテンツはこちら!】
FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!参加者同士の交流も。次回は11月3日20時30分から開催!

★ザイFX!で新たにスタートした田向さんの有料メルマガ「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」では、会社員などトレードにかける時間がない人に最適なメルマガを配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!

米ドル/円の151.71円から151.93円はわずか22pipsなのに、時間がかかっているのは、売り手と買い手の攻防が続いているから

 米ドル/円は本稿執筆時点(11月14日)で、10月31日(火)高値151.71円を上抜けて、151.89円まで上昇。昨年(2022年)10月高値151.93円が目前です。

 目前ですが、151.71円から151.93円のわずか22pipsに、時間がかかっています。

 これは取引がないわけではなく、この小さな値幅で売り手と買い手の攻防が続いてるということです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)​

 チャートを1時間足に下げると、151.89円の高値をつけた直後には、151.19円まで急落する場面もあり、一部買い手の利食いが出ているのかもしれません。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円は、歴史的高値を上抜けてさらに上昇する思惑と、当局の介入により押し下げられる思惑が交錯している

 151.93円の昨年高値、そして節目の152.00円付近は、米ドル/円の歴史的高値付近なので、上抜ければさらに高く上昇するという思惑があります。

田向宏行著『相場の壁とレンジで稼ぐFX改訂版』

 拙著『相場の壁とレンジで稼ぐFX』などでもご説明していますが、長く厚い壁を抜ければ大きく動く可能性が高いからです。

 ただ、他の通貨ペアと違い、米ドル/円は財務省・日銀が為替介入したりするので、話が複雑になってきます。

 これにより、理論的には壁を抜けて、上昇する可能性が高いにも関わらず、当局の介入により押し下げられるだろうという思惑も交錯しています。

 需給やそれを元にする理論では上がるはずでも、力業で押し下げられる可能性があれば、手を出しにくくなってきます。

 また、当局が介入するとなれば、一気に5円ぐらい下げるだろうとも言われていて、こうなると壁を抜けて買おうではなく、壁の手前で売ろうとう戦略も、介入の動きに乗ることができれば魅力的です。

「どこで入って、どこで出るか」に集中したほうがいい

 米ドル/円ほどではなくても、こうした場面は他の通貨ペアでも起こります。

西原宏一著『30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX』

 市場では、さまざまな立場の人がそれぞれの思惑を発信していますし、それに対応した取引をする人もいます。

 こうした時こそ、相場の基本に戻り、「どこで入って、どこで出るか」に集中した方がいいのではないでしょうか。

 これは、西原宏一さんの書籍『30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX』の帯に書かれている言葉なのですが、本当にそうだなぁといつも思います。

 そう考えると、さまざまな思惑がどうであれ、情報がどうであれ、チャート分析を使う人は、値動きに従って戦略を考え、それに沿った注文を準備すればいいだけです。

★ザイFX!で新たにスタートした田向さんの有料メルマガ「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」では、会社員などトレードにかける時間がない人に最適なメルマガを配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!

下方向でも上方向でも、大きく流れが変われば大相場になる可能性があるからこそ、小さく始めたほうがいい

 ただし、今回の介入のような懸念がある場合は、流動性が急に高くなる場合があるため、注文は通常よりも少し余裕をもって設定した方がいいでしょう。

 また、ポジション量も抑えて、最初から大きな勝負に持ち込まず、小さく始める方がいいと思っています。

 昨年10月21日(金)に151.93円で介入が入った後は、今年(2023年)の1月にかけて25円ぐらい落ちています。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

 これは介入効果だけでなく、他の理由もありますが、大きく流れが変われば、大相場になる可能性があるので、小さく始めた方がいいと思います。

 これは下方向だけでなく、上方向でも同じでしょう。

介入があると思ったのに、なかったとなれば、米ドル/円は大きく動く可能性が出てきます。

 いずれにせよ、どうなるか先がわからないのが相場であるからこそ、値動きを確認して戦略を立て、状況に応じて資金管理で調節するのが良いのではないでしょうか。

 本日のメルマガにはもう少し細かく書いていますが、152円に接近した米ドル/円は面白くなってきました。

【※関連コンテンツはこちら!】
田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で新連載をスタートした田向宏行さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!(月額:4400円・税込)」です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!画像

 FXや投資に関する書籍7冊が、計10万部超えの人気を博す田向さんが、100年以上続くダウ理論を基に、チャートポイントやテクニカル分析を配信します。

 さらに、トレーダーを孤独にしたくないとの思いから、週1回、Zoomなどでオンライン交流会を実施する予定です! 田向さんに相場の見方を直接聞いたり、メルマガ読者同士で交流したり―――顔出しなしでもかまいませんので、お気軽なご参加をお待ちしています。

10日間の無料体験期間がありますので、「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」をぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る