ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

動き出すのはクリスマス以降か?
ユーロ/米ドルは1.26~1.27ドルが下値メド!

2010年12月09日(木)19:39公開 (2010年12月09日(木)19:39更新)
今井雅人

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 ますます寒さが厳しくなっていますが、みなさん、いかがお過ごしですか?

■最近の金利上昇は良い上昇? 悪い上昇?

 このところ、マーケットで話題になっているのは米国の長期金利(10年もの国債の金利)の上昇です。

 良い金利の上昇か、悪い金利の上昇か、いろいろな見方がなされていますが、日本も含めて株価はそれほど崩れておらず、為替相場は方向感のない値動きとなっています。

 このあたりを、今週は見てみたいと思います。
日経平均株価 日足
(出所:株マップ.com
世界の通貨 vs 円  日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨 vs 円 日足

 足元で起きている金利の上昇については、2つの要因が考えられます。

 1つは「ジョブレスリカバー」。雇用は強くないけれど、企業のリストラがうまくいっているため、業績が回復している。そのために株価もしっかりしてくるというものです。

 もう1つが資産効果。株価がしっかりしていることで、保有資産の価格が上がり、それが消費者のサイフのひもを緩くしています。こうなると、雇用はそれほど強くないのに、小売などがしっかりしてきます。

これらを債券市場が織り込み始めているために、債券価格の下落(利回りの上昇)が進んでいるのかもしれません

 また、これまでに金融緩和期待で債券が買われていたことの反動も考えられるでしょう

 決め打ちはできませんが、このような動きが米国の長期金利の利回り上昇につながっているのではないでしょうか?
■相場が動き出すのは動き出すのはクリスマス以降か?

 ただ、相場観は変わっていません。

 前述のように、市場の目が米国の長期金利に向いているように見えますが、欧州の状況がたいへん悪いことは、先週のコラムでお伝えしたとおりです「アイルランドはギリシャと同じ運命をたどる可能性。ユーロにはまだ下落リスクがある」を参照)

 基本的には、ユーロは下方向を見ています。

 引き続き、ユーロ/米ドルは1.26ドル台から1.27ドル台あたりが1つの下値メドとなってくる可能性が高そうです
ユーロ/米ドル 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 もっとも、時期的に年末ということで、ファンドマネージャーやディーラーはあまり積極的には動きません。年末の「枯れ相場」になってしまうと思います。

動き出すのはクリスマス以降と考えておきたいです。
米ドル/円 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円についても、いずれは85円をつけるかもしれませんが、果敢に上を目指すということはないと思います。

 レンジ相場の中で下値が少しずつ切り上がり、気がついたら85円をつけていた。そんな動きになるのではないでしょうか?

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る