ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
  • 2010年10月08日(金)
    市場は「通貨戦争」における米ドルの優位を
    確信している。日本は負ける可能性が高い

    ■「ドルキャリートレード」は予想以上のスピードに  米ドル全面安の状況が続いている。スイスフランは史上最高値を更新し、豪ドルも1983年以来、自由取引相場に移行してからの史上最高値を更新した。  円の15年ぶりの高値更新と相まって、足元のマーケットには2つのキーワードが定着して… more

  • 2010年10月01日(金)
    「通貨戦争」で、人民元以外に基軸通貨の
    ドルに勝てる通貨はない。そのワケとは?

    ■米国当局が米ドル安の進行を意図的に作り出している!?  山雨欲来風満楼 (山雨来たらんと欲して風楼に満つ)。  張り詰めた緊張の中、為替市場は、ひたすら米ドル全面安の方向へと走っている。  その緊張をもたらしているのは、「『通貨全面戦争』の源は米国の米ドル安志向ではないか!」… more

  • 2010年09月24日(金)
    金とドルインデックス、どちらが「ニセモノ」?
    金が「偽り」ならドルはいったん切り返す!

    ■FOMCで量的緩和拡大が表明され、米ドル安が加速  ドルインデックスが大幅に続落し、一時は79.56まで安値を更新した。これは3月安値の79.50に迫るものだ。  米ドル全体の下げと相まって、豪ドルとユーロの上昇が特に目立っている。ただ、円は日本政府・日銀の介入姿勢に拒まれ、… more

  • 2010年09月17日(金)
    日本政府・日銀の行動は正当化できるが、
    修羅場はこれから!米国に頼っていては…

    ■介入で、日本の立場がますます苦しくなる恐れも  今週の為替マーケットの焦点は、言うまでもなく、日本政府・日銀による市場介入である。  民主党の代表選挙が終わった後のタイミングを選んだ介入は、決してサプライズではない。政治的要素の強い行動であり、民間からの強い要請に対して何らか… more

  • 2010年09月10日(金)
    ドル全体の底打ちを示すシグナルが点灯!
    ドル/円の底割れはいったん回避されるか

    ■日本の当局の、「駄策」によって円高が長引いている!?  依然として、為替市場は「円高トレンド」に支配されている。  9月9日(木)、米ドル/円は一時83.34円まで下落して15年ぶり安値を更新し、ユーロ/円も一時106円を再び割り込んだ。  このコラムでもたびたび指摘している… more

  • 2010年09月03日(金)
    ECBの声明は間違い! 「二番底なし」と
    断言する慢心が次の危機を引き起こす!!

    ■世界景気の二番底懸念が後退し、楽観論が多数に  最近の金融マーケットは、まるで「躁うつ病」にかかったかのようである。  週初は世界景気の二番底懸念によって日・米・欧の株式市場が急落し、暗い見通ししか聞こえてこなかった。  ところが、週央に発表となった米・中のPMI(購買担当者… more

  • 2010年08月27日(金)
    米ドルの罠にはめられた中国は
    損失覚悟の米ドル資産売却へ動き始めた

    (前回の記事「『米国崩壊』の予兆は見えた! 中長期的に米ドルは売られ続ける」からつづく)■中国は米ドルの罠にはめられた!  2009年4月、ノーベル経済学賞受賞者である米プリンストン大学教授のポール・クルーグマン氏はニューヨークタイムズにて「中国の米ドルの罠」(China's … more

  • 2010年08月20日(金)
    「米国崩壊」の予兆は見えた!
    中長期的に米ドルは売られ続ける

     為替マーケットは一伸一退を繰り返している。市場関係者の焦点は相変わらず米ドル/円の動向に集中しており、日銀の出方や95年以来となる円の高値更新があるかどうかを固唾を呑んで見守っている。■中長期スパンでは米ドルは売られ続ける  米ドルに対する足元の市場コンセンサスは、対円では米… more

  • 2010年08月13日(金)
    ドル安は宿命だが、いったんは円安か?
    「中国が出たら終わり」を今回も信じたい

    ■テクニカル要素こそが為替相場を主導している  先週のコラムで、次の3つの予測を立てていた(「量的緩和再開で『ドルキャリー』が起こる!その時、米ドル/円相場はどうなる?」を参照)。(1)7月の米国雇用統計について、多くの市場関係者が懸念しているほど悪くないのではないか (2)米… more

  • 2010年08月06日(金)
    量的緩和再開で「ドルキャリー」が起こる!
    その時、米ドル/円相場はどうなる?

    ■米ドル/円の史上最安値更新もささやかれているが…  足元の為替市場では、米ドル全面安の状況が続いている。円を含め、各主要通貨に対する米ドル安の勢いが止まらないようにも見える。  当然のように、マスコミの論調と市場コンセンサスはトレンドの後を追う形で米ドル安に傾いてきた。つい2… more

  • 2010年07月30日(金)
    マスコミは逆指標! ユーロ反発を示唆した
    ニューズウィーク誌の「ユーロ崩壊」

    ■ドルインデックスは7月陰線引けで「宵の明星」を形成  米ドルの全面安が進んでいる。  ドルインデックスは81.48まで下がり、昨年11月安値から先月につけた高値までの上昇幅の半分程度を吐き出す形となった。 ドルインデックス 日足(クリックで拡大) (出所:米国FXCM… more

  • 2010年07月16日(金)
    ドル安が進んでからドル安の材料探し。
    専門家の話は所詮トレンドの後追いだ!

    ■スピードに違和感を感じるほどの急速な米ドル安 米ドルの全面安が続いている。 現執筆時点で、ドルインデックスは82.28まで下落してきており、昨年12月以来の100日移動平均線割れとなっている。 ドルインデックス 日足(クリックで拡大) (出所… more

  • 2010年07月09日(金)
    米ドル/円の「ハラミ」はダマシかも…。
    そして、ダマシこそ最強のシグナルだ!

    ■ユーロ反発の原因について、巷で語られているが…  足元の為替市場では、米ドル安の基調が強まっている。  この原稿の執筆時点で、ドルインデックスは一時83.66まで安値をトライしており、昨年12月安値を起点としたサポートラインにタッチしている。  言うまでもなく、EU(欧州連合… more

  • 2010年07月02日(金)
    今の下げは序の口だ!
    米国は「失われる10年」を迎えるだろう

     先週は人民元の弾力化について述べたが、もう一つの焦点である米FRB(連邦準備制度理事会)のハト派スタンスの表明については、今週になってからその意義がより鮮明になっている(「5年サイクルで見て今は円安トレンド。人民元弾力化による円高進行は続かない」参照)。■格付け会社は事後的に… more

  • 2010年06月25日(金)
    5年サイクルで見て今は円安トレンド。
    人民元弾力化による円高進行は続かない

     今週(6月21日~)の為替マーケットには大きな焦点が2つあった。ひとつは人民元レートの弾力化で、もうひとつは米FRB(連邦準備制度理事会)のハト派スタンスの表明だ。■中国の得意技、意表を突いた人民元レートの弾力化  先週末、中国はまたマーケットの意表を突く形で人民元レートの弾… more

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月20日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](12月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで5万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(入金で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月29日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.36108.78

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00341.1054

EURUSD

南アランド/円+0.077.38

ZARJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 11月14日更新

米連続利下げ終了で株高も息切れ? ドル/円はレンジ。108円台前半で買いか



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

11月11日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果