ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で4000円もらえる

  • 2016年06月24日(金)21時10分
    【ディーラー発】ポンド買い戻し一服(欧州午後)

    午後に入り、序盤に強まったポンド買い戻しの流れが一服。ユーロ各国の首脳や中央銀行が英国のEU離脱に関する対応声明を発する中、ポンドドルは1.3653付近まで反落、ポンド円も139円53銭付近まで売られるなど対主要通貨で弱含み。また、ドル円は日経先物の上げ幅縮小が嫌気され102円ちょうど付近まで軟化するも、同水準で下値の堅さが保たれると102円半ばまで持ち直している。21時10分現在、ドル円102.428-438、ユーロ円113.280-300、ユーロドル1.10595-603で推移している。

  • 2016年06月24日(金)20時59分
    ドル・円は102円00銭に反落、ポンド売り再燃

    [欧米市場の為替相場動向]

     24日のロンドン外為市場では、ドル・円は103円18銭から102円00銭まで下落した。欧州株や原油価格の大幅安、米国債利回りの低下を受けて、ドル売り・円買いが再燃。しかし、「麻生財務相が日本時間午後9時15分から記者会見」(財務省発表)を受けて、下げ渋りとなった。

     ユーロ・ドルは1.1181ドルから1.1044ドルまで下落し、ユーロ・円は115円14銭から112円71銭まで下落した。ポンド売り再燃にユーロも連れ安になった。

     ポンド・ドルは、1.3981ドルから1.3656ドルまで下落。英国のEU離脱決定による景気減速や対外的地位低下の可能性への懸念が売り圧力になったとみられる。ドル・スイスフランは、スイス中銀のフラン売り介入を受けて、0.9701フランから0.9775フランまで上昇した。

    [経済指標]
    ・独・6月IFO企業景況感指数:108.7(予想:107.4、5月:107.8←107.7)

    [要人発言]
    ・格付け会社S&P「英国民投票で影響を受ける格付けを見直しへ」
    ・欧州中央銀行(ECB)「ユーロや他通貨で流動性を供給する用意ある」

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)20時51分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:6月24日

    [欧米市場の為替相場動向]

    日本時間

    6/24
    ・21:30 米・5月耐久財受注(前月比予想:-0.5%、4月:+3.4%)
    ・23:00 米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:94.1、速報値:94.3)

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)20時49分
    G7財務相、電話会議を開催中、イェーガー独財務省報道官

    G7財務相、電話会議を開催中、イェーガー独財務省報道官

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)20時25分
    麻生財務相の会見控え下げ渋り

    [欧米市場の為替相場動向]

     ドル・円は、103円18銭まで買い戻された後、欧州株や原油価格の大幅安、米国債利回りの低下を受けて、再びドル売り・円買いが優勢になり、102円00銭まで下落。その後は、「麻生財務相が午後9時15分から記者会見」(財務省発表)を受けて、下げ渋りとなっているもよう(現在102円45-50銭付近)。

     ポンド・ドルは、1.3981ドルまで買い戻された後、1.3656ドルまで下落している。ユーロ・ドルは1.1181ドルから1.1050ドルまで下落している。

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)20時00分
    東京為替サマリー(24日)

    ■東京午前=英国民投票結果に相場は激しく反応、ドル円暴落

     東京市場午前、為替相場は激しく乱高下。本日早朝から始まった英国民投票の開票作業は、前半は事前調査に反し離脱派がリードする展開。投票締め切り直後に出されていた事前世論調査で残留派が優勢とされていたこともあり、楽観的な見方でオセアニアから東京早朝にかけてドル円・クロス円は買われた。その後、急落したものの下げ渋りもみせた。ドル円は106.84円高値から103円付近まで下押し再び105円台まで戻した。ユーロ円は122.01円の高値から115円台半ばまで下落し118円台に、ポンド円は160.19円まで上昇後、一転144円半ばまで急落すると152円後半まで切り返すなど乱高下した。

     しかし東京タイム正午にかけて、再び離脱派が優勢となり更にその差を広げると、ドル円やクロス円は一気に暴落した。ドル円は99.02円と2013年11月以来の安値に、ユーロ円は2012年12月以来となる110円割れ水準の109.57円まで下落。ポンド円は135.37円と2012年12月以来、4年6カ月ぶりの安値まで突っ込んだ。ユーロドルは1.1019ドルと3月以来、ポンドドルに至っては2009年1月以来7年5カ月ぶりの安値まで下げることとなった。

     市場は為替市場の暴落に脅迫的なリスクオフの心理状況となった。日経平均は一時プラスサイドで推移したが、前引けは500円近い下げに。NY原油先物も50ドル半ばの本日高値から47ドル後半まで下げた。また安全資産としての金買いやスイスフラン買いも出ていた。NY金先物は1308ドルまで上昇。ドルスイスフランも一時0.9561スイスフラン(CHF)までCHF高となったが、その後0.97CHF前半まで戻している。

    ■東京午後=投票結果はEU離脱、ポンドドルは31年ぶり安値

     英国民投票の結果は「EU離脱」。市場参加者の楽観的な見通しが覆され、ポンドは投げ売りされた。日経平均株価は1000円以上の急落となったほか、原油安・ゴールド高になるなど、関連市場も含めリスクオフ一辺倒となった。麻生財務相は緊急声明を発表。「必要な時には必要な対応をする」と発言したが、安全通貨である円の急騰を止めることはできなかった。

     ポンドドルは1.3229ドルまで下落。約31年ぶりの安値をつけた。ポンド円も133.31円まで下げ、2012年2月以来の安値となった。同じEU圏であるユーロも売られた。ユーロドルは1.0913ドルまで急落し、3月10日以来の安値水準となったほか、ユーロ円は2012年12月以来となる109.57円まで投げ売られた。その後はいずれも下げ止まったが、投票前の水準にははるかに遠く、「EU離脱」結果後の戻りは鈍かった。

     英BBCがEU離脱派勝利を報道すると、リスクオフが再び強まり、安全通貨の円と主軸通貨のドルが買われる格好となった。豪ドル円は73円ちょうど付近、NZドル円は69円半ばまで、いずれも本日の安値水準まで再び下押した。豪ドル/ドルは0.73ドル前半、NZドル/ドルは0.69ドル後半まで再び下落した。

     ドル円も荒れた値動きに。東京タイム午前に続き、一時100円割れする場面もあった。その後は102円前半まで戻すも、上値は重かった。

  • 2016年06月24日(金)19時45分
    ドル円 103円前後を戻り高値に失速

     ドル円は103円前後を戻り高値に102円半ばへ失速。英国のEU離脱決定を受け、イングランド銀行(BOE)をはじめ、各国の中銀や首脳が矢継ぎ早に対応を示唆する声明等を発表したが、円急騰に対する調整は一巡している。ユーロドルは1.10ドル半ば、ユーロ円は113円半ば、ポンドドルは1.37ドル付近、ポンド円は140円半ばで推移。

  • 2016年06月24日(金)19時31分
    ドルもみあい、各国政府・中銀の対応で落ち着いた値動き

    [欧米市場の為替相場動向]


     英国民投票で欧州連豪(EU)離脱の方向となった影響で欧州株式市場は総じて大幅安となるなど、市場の動揺は続いているもよう。ただ、主要各国政府や中銀が対応に乗り出していることが好感され、主要通貨は落ち着いた値動きとなっている。ドル・円は足元では103円付近での推移が続く。今晩の米国株がそれほど荒れなければドルの買戻しは強まろう。

    ここまでドル・円は102円55銭-103円18銭、ユーロ・ドルは1.1114ドル-1.1181ドル、ユーロ・円は114円11銭-115円14銭で推移。

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)19時30分
    ■LDN午前=パニック相場に調整、ドル円は一時103円前半に

     ロンドンタイム午前の為替相場では、英国民投票で離脱派の勝利を受けた、ポンド暴落・円急伸のパニック相場に調整が入った。一時ポンドドルは1.39ドル後半、ポンド円は144円近辺まで安値からは大きく持ち直すも、引き続き大幅のポンド安水準で推移し、ユーロドルは1.11ドル前半、ユーロ円は115円前半まで下げ幅を縮小した。また、ドル円は安値の99.02円から103円前半まで水準を切り返した。また、英国のEU離脱決定を受けて、金融株を中心に欧州の株価は大幅下落し、英・独などの国債が買われた。

     ショック相場がいったん収束し、資源国通貨も買い戻しが優勢。豪ドル/ドルは0.74ドル近辺、NZドル/ドルは0.70ドル後半、ドル/加ドルは1.29加ドル後半までドル高に調整が入った。対円でも、豪ドル円は76円半ば、NZドル円は73円近辺、加ドル円は79円半ばまで下げ幅を縮小した。

     キャメロン首相は、EU離脱を選択した国民投票の意思を尊重すると表明し、3カ月間は首相を続投する構えを見せたが、その後は新しいリーダーシップが必要であるとして辞任する意向を示した。また、カーニーBOE総裁は、市場のボラティリティに対応する準備はできているとし、追加で2500億ポンドの流動性を提供する用意があると述べた。英EU離脱決定を受けて、主要7カ国(G7)財務相が電話会議、日本政府が緊急の関係閣僚会議を開催するとの報道が出るなど、主要国は対応に迫われている。

  • 2016年06月24日(金)18時08分
    ドルは値を戻す展開、103円を回復

    [欧米市場の為替相場動向]

     英国民投票で欧州連豪(EU)離脱の方向となった影響で、欧州株式市場は総じて大幅安となっているが、主要通貨は対円でじりじり値を戻す展開。ドル・円は今日昼を挟んで100円を割り込んだが、足元では103円を回復。市場の動揺は続く一方で、値ごろ感による買戻しも観測される。

     ここまでドル・円は102円55銭-103円11銭、ユーロ・ドルは1.1114ドル-1.1181ドル、ユーロ・円は114円11銭-115円14銭で推移。

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)17時59分
    【ディーラー発】ポンド買い戻し優勢(欧州午前)

    欧州株が前日比大幅安で始まったものの、東京時間に強まったリスク回避の動きは一服。ポンドはカーニーBOE総裁の「追加的な措置を取ることをためらわない」等の発言を受け、対ドルで1.3976付近まで値を戻し、対円で144円04銭付近まで下げ幅を縮めた。また、ドル円も日経先物の上昇を支えに103円台を回復、クロス円もユーロ円が一時115円42銭付近まで、豪ドル円が76円56銭付近まで反発している。17時59分現在、ドル円102.949-979、ユーロ円114.635-675、ユーロドル1.11332-362で推移している。

  • 2016年06月24日(金)17時50分
    本日の東京為替市場概況(102.95)

     今日の外為市場では、ドル・円は乱高下し、8円近い値動きを記録した。英国民投票の結果、市場の予想に反し欧州連合(EU)離脱が決定的となったことで、リスク回避の動きが強まった。

     EU離脱を争点とした英国民投票は日本時間24日午前6時に締め切られ、開票の結果、離脱する方向に決まった。それを受けて、キャメロン首相は10月までに辞任する意向を示している。

     金融市場は残留がメーンシナリオだったため、離脱の可能性が高まるにつれ、リスク回避的な動きが強まった。ポンドは対円で20%、対ドルでは13%も下落。また、ドル・円は2103年11月以来となる100円割れとなり、一時99円02銭まで値を下げた。午前中だけで8円近い値動きがみられた。

     予想外の英国民投票に市場の動揺は続いているものの、主要通貨の乱高下は夕方にかけていったん収束したもようだ。足元では英中銀が2500億ポンドを追加供給する方針を表明するなど、主要各国政府や中銀による適切な対応が市場の混乱を鎮静化させるだろう。

     なお、ユーロ・円は122円01銭を付けた後、英国民投票の離脱優勢を受け109円57銭まで下落。また、ユーロ・ドルは売り優勢となり、1.1428ドルから1.0913ドルまで値を下げた。

    ・17時時点:ドル・円103円00-10銭、ユーロ・円115円00-10銭
    ・日経平均:始値16333.87円、高値16389.17円、安値14864.01円、終値14952.02円(前日比-1286.33円)

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)17時44分
    ポンドの買い戻し継続、ドル円は102円後半で戻りが一服

     ポンドは買い戻しが継続し、ポンドドルは1.39ドル前半、ポンド円は143円前半まで持ち直した。また、ユーロドルも1.11ドル半ば、ユーロ円は114円後半まで調整が進んでいる。一方、ドル円は102円後半で戻りが一服。資源国通貨は動意が落ち着き、豪ドル/ドルは0.74ドル近辺、NZドル/ドルは0.70ドル半ば、ドル/加ドルは1.30加ドル近辺で推移。
     英国の欧州連合(EU)離脱は、世界経済にも影響を及ぼす大きな出来事であり、イングランド銀行(BOE)だけではなく、主要国の中銀の政策見通しに修正が必要になる可能性も高い。離脱影響への警戒感がまだ続きそうだ。

  • 2016年06月24日(金)17時36分
    ドル乱高下、英国のEU離脱で強いリスク回避の動き

     今日の外為市場では、ドル・円は乱高下し、8円近い値動きを記録した。英国民投票の結果、市場の予想に反し欧州連合(EU)離脱が決定的となったことで、リスク回避の動きが強まった。

     EU離脱を争点とした英国民投票は日本時間24日午前6時に締め切られ、開票の結果、離脱する方向に決まった。それを受けて、キャメロン首相は10月までに辞任する意向を示している。

     金融市場は残留がメーンシナリオだったため、離脱の可能性が高まるにつれ、リスク回避的な動きが強まった。ポンドは対円で20%、対ドルでは13%も下落。また、ドル・円は2103年11月以来となる100円割れとなり、一時99円02銭まで値を下げた。午前中だけで8円近い値動きがみられた。

     予想外の英国民投票に市場の動揺は続いているものの、主要通貨の乱高下は夕方にかけていったん収束したもようだ。足元では英中銀が2500億ポンドを追加供給する方針を表明するなど、主要各国政府や中銀による適切な対応が市場の混乱を鎮静化させるだろう。

     なお、ユーロ・円は122円01銭を付けた後、英国民投票の離脱優勢を受け109円57銭まで下落。また、ユーロ・ドルは売り優勢となり、1.1428ドルから1.0913ドルまで値を下げた。

    ・17時時点:ドル・円103円00-10銭、ユーロ・円115円00-10銭
    ・日経平均:始値16333.87円、高値16389.17円、安値14864.01円、終値14952.02円(前日比-1286.33円)

    【経済指標】
    ・特になし

    【要人発言】
    ・キャメロン英首相「10月までに辞任の意向、英国には新しいリーダーシップが必要」
    ・英中銀総裁「2500億ポンドを追加供給する用意がある」「追加的な措置をとることにためらわない」
    ・EU大統領「27カ国による非公式会合を提案」
    ・麻生財務相「世界経済に与えるリスク憂慮」「為替市場の動向を緊張感持って注視」「必要なときには措置を取る」「協調介入について申し上げる段階にない」
    ・日銀「流動性の供給に万全を期す」「6中央銀行のスワップ取り決めも活用」

    【今日の欧米市場の予定】
    ・21:30 米・5月耐久財受注(前月比予想:-0.5%、4月:+3.4%)
    ・23:00 米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:94.1、速報値:94.3)

    Powered by フィスコ
  • 2016年06月24日(金)17時08分
    欧州主要株価指数一覧

    イギリス FT100
     終値 :6021.27
     前日比:-316.83
     変化率:-5.00%

    フランス CAC40
     終値 :4098.28
     前日比:-367.62
     変化率:-8.23%

    ドイツ DAX
     終値 :9574.28
     前日比:-682.75
     変化率:-6.66%

    スペイン IBEX35
     終値 :7911.50
     前日比:-973.80
     変化率:-10.96%

    イタリア FTSE MIB
     終値 :15937.43
     前日比:-2028.74
     変化率:-11.29%

    アムステルダム AEX
     終値 :420.60
     前日比:-29.26
     変化率:-6.50%

    ストックホルム OMX
     終値 :1360.73
     前日比:+6.13
     変化率:+0.45%

    スイス SMI
     終値 :7701.76
     前日比:-321.29
     変化率:-4.00%

    ロシア RTS
     終値 :898.97
     前日比:-42.14
     変化率:-4.48%

    イスタンブール・XU100
     終値 :75039.51
     前日比:-2950.36
     変化率:-3.78%

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95496人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月14日(月)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
SBI FXトレード

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.09108.31

USDJPY

ユーロ/円-0.21119.43

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00091.1027

EURUSD
為替の取れたてニュース

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月11日更新

米中部分合意へ? トランプ大統領が米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月07日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果