ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ/米ドルの調整は終了した可能性。
メイントレンド復帰で1.5ドルを目指す展開か

2011年05月19日(木)15:05公開 (2011年05月19日(木)15:05更新)
西原宏一

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 こんにちは。

■ユーロ/米ドルは一時1.40ドル台半ばまで下落した

 今週に入っても、金融市場では「sell in May and go away」の動きが続いており、コモディティとユーロ/米ドルは続落しています。

 ユーロ/米ドルは5月16日(月)に、前回のコラムでご紹介したサポートレベルである1.40ドル台前半(安値は1.4047ドル)まで急落しました「商品、資源国通貨急落のリスク回避相場!なのに、米ドル/円が底堅い理由とは?」を参照)

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 その後、コモディティの反発と、ギリシャの債務再編問題に対する懸念が薄らいだことで、ユーロ/米ドルや、ユーロ/円をはじめとするクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は総じて反発しています。

■ユーロ/米ドルの調整は終了し、1.5ドルを目指す展開へ

マーケットでは、今回のユーロ/米ドルの下落が一時的な調整なのか、それとも、米ドルの本格的な反発なのかに注目が集まっています

 米ドルの行方を左右するカギを握るのは、FOMC(米連邦公開市場委員会)でしょう。

 そのFOMCの4月26日(火)~27日(水)開催分の議事録が、日本時間で5月19日(木)早朝に公表されました。

 当初は、出口戦略に関する議論がなされたということで、ユーロ/米ドルは1.4195ドルまで急落しました。

ユーロ/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 1時間足

 しかし、金融政策正常化に向けた動きがすぐに始まるわけではないということが明らかになるにつれ、ユーロ/米ドルは反発を開始し、現執筆時点では一時、1.4309ドルまで上昇しています。

 コモディティ価格も上昇しています。

多くのエコノミストは、「出口戦略が議論されたからといって、金融政策正常化に向けた動きがすぐにも始まるわけではない」という点を指摘しています

 結果として、米国株は上昇し、クロス円も総じて反発しています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る