ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ/米ドルはECBの追加緩和姿勢で
1.20ドルへの下落がメイントレンドに!

2014年10月23日(木)18:21公開 (2014年10月23日(木)18:21更新)
西原宏一

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

■ECBカバードボンド購入開始などでユーロは下落

 米ドル/円の110.00円同様、1.2500ドルの節目に到達して以降は、調整局面入りしていたユーロ/米ドルですが、こちらも調整が終了した模様。

 メイントレンドに回帰したきっかけは、まずECB(欧州中央銀行)によるカバードボンド購入の開始。

 10月のECB理事会で詳細が発表された「ABS+カバードボンド購入プログラム」ですが、これは10月20日(月)にフランスの短期カバードボンドの購入から始まったようです。

 加えて、10月22日(水)にはストレステストに関する報道がなされ、ユーロ/米ドルはさらに下落へ。

ユーロ/米ドル 日足

(出所:米国FXCM

「ECBのストレステスト、少なくとも6カ国の11行が失格に―スペインEFE通信」

 報道によれば、

(1)3つのギリシャの銀行
(2)3つのイタリアの銀行
(3)2つのオーストリアの銀行
(4)キプロス、ベルギー、ポルトガルからは1行ずつ

 といった内容。

 今週(10月20日~)に入って報道された、一連のユーロに対するネガティブな要因により、ユーロ/米ドルは1.2632ドルまで反落。

ユーロ/米ドル 8時間足

(出所:米国FXCM

■ECBの追加緩和スタンスでユーロ安のメイントレンド回帰

 市場が注目するのは、

(1)ECBがどうバランスシートを拡大していくのか?
(2)ECBは経済成長や融資需要、インフレの上振れを生み出せるのか?

 この2点に集中しています。

 結果、11月6日(木)のECB理事会では、量的緩和への積極姿勢が演じられる公算が高まっています。

 国債の購入に踏み切れないで、政策の手詰まり感があること自体がユーロの重しに。そして、追加緩和が期待されていることもユーロにネガティブな要因ですので、ユーロ/米ドルの上値はますます限定的となります。

 先週、10月15日(水)に1.2880ドルに到達し、調整を完了したユーロ/米ドルですが、ECBの追加緩和スタンスを背景に、再びユーロ安のメイントレンドへ

 中期ではユーロ/米ドルは1.2000ドルへ。

ユーロ/米ドル 週足

(出所:米国FXCM

 米ドル/円に加え、追加緩和期待が濃厚なユーロ/米ドルの動向にも注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る