ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

ドル高は続くのか? 「FRBの利上げ詐欺」
に対し、市場はストックホルム症候群に!?

2016年10月21日(金)17:37公開 (2016年10月21日(金)17:37更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■米ドル/円の高値トライに継続力はある?

 この意味では、現在の米ドル高基調、とりわけ、米ドル/円の高値トライに継続力があるかどうかは、慎重に測った方がよい

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 1時間足

 「FRBの利上げ詐欺」に散々やられたからこそ、マーケットは今度の利上げを確実視し、また、より一層反応してきたと思われるが、今までの経緯からすると、「早期」ではなく、「晩期」の利上げ可能性を「好感」しすぎた、という側面が強いのではないだろうか。

 このためか、昨日(10月20日)からなされている黒田日銀総裁などが「追加緩和を見送りを示唆」という報道に対する、市場の反応は鈍かった。

「ストックホルム症候群」は根本的にいうと、感情や認識の乱れだから、こういった反応があっても仕方がないが、追加緩和観測は円安の「生命線」であるだけに、果たして、このような状況が長く続くかどうか疑問だ。

■ユーロの波乱が米ドル高を押し進めた

 一方、昨日(10月20日)はユーロの波乱が、米ドル高を一段押し上げた側面も見逃せない。

 ドラギECB(欧州中央銀行)議長がテーパリングを否定。これ以前から報道されていたECBのQE(量的緩和策)停止、といった観測がなくなることで、ユーロは一段安となり、英EU離脱が決定された6月24日(金)安値を更新した。これにより、目先、米ドル高基調がさらに強まっていくことも覚悟しておきたい。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 実際、米「晩期」利上げでもマーケットが過激な反応を示し、米ドル高をガンガン推進していくなら、米ドル高自体が利上げの障害になるリスクも大きい。

■ユーロも円も、対ドルの安値打診はいったん限界に近い?

 この意味では、QE継続が表明されたユーロにしても、追加緩和見送りが示唆された円にしても、対ドルの安値打診は、目先すでにいったん限界に近づいているのではないだろうか。米ドル高一辺倒のスタンスとは、引き続き距離を保ちたい。

 ちなみに、2015年3月以来、ドルインデックスは大型保ち合いを形成してきた。 

ドルインデックス 週足
ドルインデックス 週足

(出所:CQG)

 これは「FRB利上げ詐欺」にあったというだけでなく、そもそも2011年4月安値を起点とした米ドル高トレンドに対するスピード調整、といった意味合いが重要であった。この視点でも、目先、米ドル高の基調は強いものの、積極的な高値追いには躊躇せざるを得ない。

 このあたりの解釈はまた次回、市況はいかに。

 (14:00執筆)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る