ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

FOMC後のドル急伸でクライマックスかも。
ドル高値追いを支持しない3つの理由とは?

2016年12月16日(金)17:46公開 (2016年12月16日(金)17:46更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■米ドル続伸の推進力は、利上げより「今後の見通し」

 米ドルの全面高が、さらに加速してきた。ドルインデックスは14年ぶりの高値を更新し、リンクした形でユーロ/米ドルは14年ぶりの安値を更新、米ドル/円は一時、119の節目手前に迫った。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:Bloomberg)

ユーロ/米ドル 日足

ユーロ/米ドル 日足

 

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 いわゆる「トランプ・ラリー」のさらなる続伸が、米利上げ後も続いていることを示している。

 もっとも、米利上げ自体は事前にマーケットに織り込まれていたと思われるから、FOMC(米連邦公開市場委員会)後の米ドル全体のさらなる急伸は、ややサプライズであった。

 一般的に「ウワサで買い、事実で売り」といったロジックや行動パターンが市場に存在するので、米ドルの続伸は、利上げよりも、これからの見通しが推進力になったに違いない。

 市場コンセンサスでは、「2017年は年2回の利上げあり」だったところ、FOMC声明文では「3回利上げあり」と示唆された。これを受け、米金利の上昇とともに米ドルはさらに買われた。 

米長期金利(米10年物国債利回り) 2時間足
米長期金利(米10年債利回り) 2時間足

(出所:Bloomberg)

 リンクしたように、金と原油は売られた。

金価格 2時間足
金価格 2時間足

(出所:Bloomberg) 

原油価格 日足
原油価格

(出所:Bloomberg)

 トランプ氏はまだホワイトハウスに入っていないので、いわゆる「トランプノミクス」への期待感は当面続くから、米ドル高トレンドには死角なしと思われてもおかしくなかろう。

■米利上げ継続の見通し自体が流動的である点に注意!

 しかし、本当にそうだろうか。冷静に状況をもう1回点検すれば、違う側面が見えてくる。

 まず、米利上げ継続の見通し自体が流動的で、これから大きくぶれることが想定される。

 2015年年末に、米QE(量的緩和策)後初の利上げ時の状況を思い出していただければ、このような想定は決して戯言でないことがわかる。

 なにしろ、2015年年末に、FRB(米連邦準備制度理事会)自身も市場コンセンサスも「来年(つまり2016年)、4回利上げあり」と示していたことは、記憶に新しい。

 その上、よく考えるとわかるように、「トランプノミクス」への…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る