ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米利上げ後の米ドル安継続、米ドル/円は
110円割れへ。下値模索はなぜまだ続く?

2017年03月23日(木)15:35公開 (2017年03月23日(木)15:35更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■昨年12月FOMC後のセル・ザ・ファクトを確認

 ここで昨年(2016年)12月、FOMCが利上げをしたあと、米ドル/円でどのようにセル・ザ・ファクトが展開されたかを確認してみます。

【参考記事】
昨年12月FOMCの値動きが再現される? ドル/円はイベント注視して短期的に売りも(3月13日、西原宏一&大橋ひろこ)

 FOMCが利上げを発表した直後の12月15日(木)に米ドル/円は118.66円の高値をつけ、反落。

 その後、米ドル安は進行し、今年(2017年)の2月7日(火)には111.60円まで急落しました。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円は米大統領選でトランプ大統領が選ばれてから、約18円弱急騰し、FOMCの利上げで高値をつけて大きく反落したことになります。

 FOMC後の高値から安値をつけるまで、ほぼ2カ月弱。

米ドル/円の118.66円という高値から安値までの値幅は7.08円でした。

■3月末まで、米ドル/円は下値模索が継続か

 今回もFOMC前後に、115.51円をつけてから米ドル/円は急反落。

 前回の値幅を今回の相場に当てはめてみると、米ドル/円は108.43円まで反落することになります。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 昨年(2016年)12月と、今年(2017年)3月のFOMCでの利上げ後の米ドル/円相場が同じになると想定するのは無理がありますが、FOMCを終えてまだ1週間しかたっていません。

 値幅よりも時間軸から考えると、今月(3月)末までは、まだ米ドル/円は下値を模索する動きが続く公算が高いのではないでしょうか?

 FOMCの利上げ後に、教科書どおり反落を開始した米ドル/円の動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る