ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

EU離脱期限の延期が可決されない可能性!?
基本戦略は対円・対ユーロでの米ドル買い

2019年03月14日(木)17:30公開 (2019年03月14日(木)17:30更新)
今井雅人

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■相場の変動要因が与える影響は一時的

 そう考える理由は、最近の相場は、何か新たな市場変動要因が出てきても、その影響が一時的なものに終わり、結局、元に戻ってしまうことが多いからです。

 1つの例を挙げてみましょう。3月7日(木)に行われたECB(欧州中央銀行)理事会において、従来の「少なくとも今年(2019年)夏以降に、利上げを開始していく」という方針が変更され、「利上げの時期を、来年(2020年)に先延ばしする」と発表されました。

 それに加えて、銀行向けの、長期の低利融資を再び実施することが発表されました。具体的には、期間2年のTLTRO(貸出条件付長期資金供給オペ)の第3弾を9月から実施するということです。

 この結果を受けて、ユーロは一時、大きく売られました。しかし、その動きもたった1日で終わり、翌日(3月8日)からは反転して上昇し始め、現段階では、下落前の水準にまで戻ってしまっています

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

■FOMCでも流れは出なかった

 似たような例は、FOMC(米連邦公開市場委員会)でもありました

 1月29日(火)~30日(水)のFOMCにおいて、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が、これまでの利上げ基調を見直して、「今後は柔軟な姿勢で臨む」という方向転換をしました。

 それを受けて、米長期金利は低下し、米ドル相場も全体的に下落しました。しかし、その動きも1日で終わってしまい、その後、米ドルは回復しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

■基本戦略は米ドル/円、ユーロ/米ドルでの米ドル買い

 このように、変動の材料の影響が一時的に終わるということが、余計に方向感を失う要因となっているのは明らかです。

 トレードをするにあたっても、そのことを念頭においておく必要があるでしょう。個人的には引き続き、米ドル/円、ユーロ/米ドルでの米ドル買いを基本戦略としています。

【参考記事】
米ドル/円は2018年と非常に似ている動き! 近いうちに112~114円のレンジ入りか?(3月7日、今井雅人)
いくつもの不確定要因に変化! 緩やかな株高・円安へ。米ドル/円は買い方針継続!(2月28日、今井雅人)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る