ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米国債に逆イールド発生で米景気後退か?
NYダウは800ドル安! 米ドル/円は…!?

2019年08月15日(木)15:26公開 (2019年08月15日(木)15:26更新)
西原宏一

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■2007年以来の逆イールド発生で米国景気後退か?

 そして、今週(8月12日~)の米国株の中でも、8月14日(水)のNYダウの下落は激しいものでした。3.00%急落し、前日比800ドル安の2万5479ドルでクローズしています。

 その急落は、逆イールドの発生が要因と言われています。

 以下は、米10年債利回りと米2年債利回りのチャートです。

 このスプレッドが2007年以来初めて逆転し、リセッションの可能性を示唆。

米10年国債利回り&2年国債利回り 日足
米10年国債利回り&2年国債利回り 日足チャート

(出所:Bloomberg)

 米10年債利回りと2年債利回りのスプレッドが最初に逆転してから、米国経済がリセッション入りするまでには時間を要することが多く、前回は1年10カ月、前々回は2年9カ月かかっています。したがって、逆イールド発生で即リセッション入りし、株が暴落するわけではありません

 ただ、逆イールドの発生は、米国株にとってマイナスであることは変わらず、米国株はトップアウトした可能性が、さらに高まったと想定しています。

 今回は米国のみならず、英国の2年債利回りが10年債利回りを上回る逆イールドが発生し、もうひとつ景気後退のシグナルも点灯。

英10年国債利回り&2年国債利回り 日足
英10年国債利回り&2年国債利回りチャート

(出所:Bloomberg)

 中国の低調な経済指標に続き、ドイツがマイナス成長に陥ったこともあり、リスクオフへ。

当コラムでは、英ポンド/円に注目していますが、ユーロ/円も、一時117円台まで急落しています。

【参考記事】
ボリス・ジョンソン英首相の「合意なき離脱」発言続く…。ポンド/円は中期的に120円へ(8月1日、西原宏一)

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足

 米ドル/円の安値は、105.05円。

 現在、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、米ドル/円の105.00円と日経平均の2万円をサポートしているというのがマーケットのコンセンサスとなっています。

【参考記事】
お盆の円高リスク警戒! 日経平均2万円、米ドル/円105円が防衛ラインになるか…!?(8月12日、西原宏一&大橋ひろこ)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 ただ、こうした介入は相場の流れを変えるものではなく、時間差で、これらのサポートはブレイクされ、下落トレンドは続くと想定しています。

 アルゼンチンの混乱、香港のデモ、米中貿易戦争などの混乱の中、米国債に逆イールドが発生し、NYダウは急反落。

 「株安・円高」は続き、米ドル/円は100円、英ポンド/円は120円へと下落過程にある両通貨ペアに、引き続き、注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る