ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

猫も杓子もコロナバブルと言い出したから
逆に警戒!? 米ドル売りからは距離を置くべき

2020年06月19日(金)18:03公開 (2020年06月19日(金)18:03更新)
陳満咲杜

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■米ドル全体はスピード調整の下げ一服

米ドル全体は、下げ一服の兆しが見えてきた。ドルインデックスでみると、先週(2020年6月8日~)の陽線引けに続き、今週(6月15日~)も陽線で大引けする可能性が大きく、5月後半から加速してきた米ドル安の流れをいったん阻止できたとみる。

ドルインデックス 週足
ドルインデックス 週足チャート

(出所:TradingView

 もっとも、たびたび強調してきたように、3月高値を起点とした大型ジグザグ型下落波は調整的な値動きであり、メイントレンドとしてみるのは早計である。

 米ドル全体は、3月における大型V字反騰自体が急であったため、スピード調整の可能性があった。換言すれば、米ドル安をメイントレンドと認定するには3月安値の割り込みが必要で、目先なおハードルが高いとみるべきであろう。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足チャート

 

(出所:TradingView

■米国株とドルインデックスの逆相関は特殊な状態

 ドルインデックスにおける3月の大型V字反騰は、米国株の急落とリンクしていただけに、米国株とドルインデックスの逆相関性が注目される。

 下記のチャートを見てわかるように、コロナショック以降、ドルインデックスとS&P500の逆相関は鮮明であり、株高が継続すれば、米ドル全面安が一段と進み、逆に米国株の上昇一服があれば、米ドル安の一服が見られる可能性があるだろう。

ドルインデックス VS S&P500 日足
ドルインデックス VS S&P500 日足チャート

(出所:TradingView

 半面、そういった逆相関性は大袈裟に扱わないほうがいいだろう。長期スパンの比較図で見ればわかるように、米株上昇=米ドル安の構図が成立するなら、2016年のドルインデックスは高値ではなく安値をつけるべきだった上に、今年(2020年)年初まで2009年安値を下回っていたはずだ。

ドルインデックス VS S&P500 週足
ドルインデックス VS S&P500 週足チャート

(出所:TradingView

 言い換えれば、コロナショック以降、両者の逆相関性が高まったのが特殊な状態であるだけの話で、正常な状態に戻れば、そういった逆相関性も低下していくはずである。

 米国株のブル(上昇)トレンドはまだ終わっていないことも繰り返し指摘してきたとおりであり、コロナバブルはむしろこれからだと思う。

 半面、大型V字急騰を果たした以上、途中のスピード調整があってもおかしくない上に、調整があった方がむしろより健全な上昇波の形成に寄与するから、米国株の反落があっても大袈裟に扱うべきではなかろう。ドルインデックスと同様、過度な解釈は不要である。

 おもしろいことに、コロナショックであんなに弱気一辺倒だった…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る