ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米大統領選は混沌も市場は「いいとこ取り」で
リスクオン! でも、最後まで油断禁物!!

2020年11月06日(金)19:02公開 (2020年11月06日(金)19:02更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■市場の「いいとこ取り」が進化!?

 米大統領選挙の進展に一喜一憂しながら、米国株は大幅な切り返しを果たし、日経平均も一時2018年以来の高値を更新、終値でバブル崩壊後の最高値を上回った。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

日経平均 日足
日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

 株高とセットのように、米ドル安が進み、ドルインデックスは再度93の節目を割りこんで、2020年9月安値の91.78に迫る勢いを示している。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足チャート

(出所:TradingView

 もっとも、事前予想では、米大統領選は接戦、また法廷判定に持ち込まれるというシナリオが、株式市場にとって一番ネガティブのはずだった。

 しかし、ふたを開けてみれば、選挙情勢自体はそのとおりの展開になっているものの、株式市場は大幅な上昇を遂げ、大半の予想を嘲笑うかのような展開だ。

 筆者もそのような予測をしていた1人であり、間違いを認めなければならないが、市場の「いいとこ取り」がここまで「進化」してきたとは思わなかった。

 なにしろ、米大統領選の混沌がビットコイン買いの理由として解釈される一方、「ねじれ議会」の継続でハイテク企業への規制の恐れが低下することが株高の根拠として持ち出されたのだ。

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足チャート

(リアルタイムチャート&レートはこちら→仮想通貨リアルタイムチャート:ビットコイン/円 日足

 リスクオンといいながら円が買われ、また、それを無視する形で日経平均は上昇してきた。

 ……などなど、金融市場は自らのトレンドを正当化するために、ファンダメンタルズの要素を「いい加減」に材料として利用しすぎたかと思われる。

■ユーロなど諸外貨の予想以上の強さがクロス円を下支え

 ところで、株高と米ドル安のセットだけは従来のパターンであり、ドルインデックスの大幅反落は説明されやすいかと思う。

米ドル/円の104円の節目割れは規定路線とも言え、テクニカル上の視点から言えば、このまま3月安値まで大したサポートゾーンが存在しないから、3月安値の割り込みが回避できても、目先一段下値トライの可能性が大きい

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

肝心なのはクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の動向だ。最近、米ドル/円とドルインデックスの値動きは連動する傾向が強く、米大統領選開票以来、その関連性は一段と強まったように見える。

米ドル/円VSドルインデックス 日足
米ドル/円VSドルインデックス 日足チャート

(出所:TradingView

 したがって、米ドル全体の下落でユーロなど諸外貨が想定以上に強く、また、持ち直しを果たしているから、これがクロス円の下支えになっているのも事実である。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 一方通行の株高が、選挙の不透明性を無視する形でこのまま一本調子に進むかどうかはわからない。

 株高の基調が維持されても、「いいとこ取り」すぎた足元の株高は、だいぶ楽観的な見方を反映しており、また、これからの不確実性をあまりにも無視しているように見えるから、上昇モメンタムの低下などは十分想定される。

 換言すれば、米ドル安基調の維持があっても、このまま一本調子にさらに下落していくには、新たな材料が必要であるということ。米大統領選は「無風通過」とはほど遠い状況なので、今の流れがこのまま続くか、過信は禁物である。

 ドルインデックスは9月安値を割り込めば、このまま2018年安値88半ばまで下落する可能性があるものの、9月安値を安易に割り込めるかどうかは、目先なお注目ポイントである。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足チャート

(出所:TradingView

 相応するように、ユーロ/米ドルの…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る