ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今晩はFRB要人発言には注意!
クロス円を売り目で見ているところ

2010年11月08日(月)19:54公開 (2010年11月08日(月)19:54更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 金曜日の雇用統計は意外な結果となった。先週は中間選挙やFOMCなどの注目されてきたイベントが目白押しだったうえ、そもそも量的緩和への期待が高まっていたため、FOMC自体もいつもにも増して注目されていた。そういたビッグウィークの最後を締めくくる雇用統計だったわけだが、そうしたことを経た後という特殊事情もあるので、事前予想から数万くらいのブレがあってもあまり反応しないだろうと思っていた。

 ペイロールのコンセンサスはプラス6万人であったが、通常よりも動かないことが想定されるので、1万人から10万人くらいであればあまりインパクトはないだろう。動くにはこれを超えるプラスの10万人以上か、はたまたゼロ以下のマイナス領域か、どちらかを超えるサプライズが必要だろうと考えていた。だが通常であれば、びっくりな数字が出ることのほうが少ないものだ。出かける用事もあったし、事前のポジションはつくらずに、出た後にどうアクションを起こすか考えることにした。

 発表の時刻となった。いきなりドル円は81.40近辺まで上昇してきた。よほど良かったのだろう。失業率は変わらずであったが、なんと結果はプラス15万人!ドルは全面高だ。ユーロドルも1.40台まで下がってきた。ドル円については81円ちょうど付近まで下がったが、そこまで。またひょろひょろと81.40近辺まで上昇してきた。しかしドル円は10月初旬に82円台を下回ったからというもの、一度も82円台に戻し切っていない。ロスカットの目安として使いやすいので、82.05にロスカット注文を出して先週の高値付近となる81.60にドル円の売り注文を出して置いた。

 注文は出来ていなかった。それどころか週が明けてもそのまま注文を出しておいたが、本日は先週のFOMC待ちの緊張感も緩みもあるのか、まったく小動きが続いている。ドル円はずっと81.10から40の恐ろしく狭いレンジにはまっていた。いっぽうでユーロドルは1.39台のローまで下がってきた。ドルの買い戻しという意味では、素直にユーロドルでの売りでついていくべきだった~。ああ、失敗。金曜日にユーロポンドも200ポイント以上の下落して、その流れは続いているのだから、、、
  しかしながら、緩和期待の一方で先週はアイルランド国債などとドイツ国債のスプレッドがまた開いていくという不気味な動きも進行していた。リスクにふたたび注目が集まる可能性もおおいにある。したがってドル円の注文は止めて、今晩はクロス円の売りでいこうかと思い、欧州序盤の113円前半のユーロ円を売ろうかと迷っていたが、今日からはアメリカが冬時間に入るので、米国株のスタートも23時半だ。

 ニューヨークオープンまで待つことにするつもりだが、ユーロ円は112円台に突入してきた時には思わず売りそうになってしまった(笑)。ともかく今日はFRB(米連銀)の要人発言も多く、注目が集まりそうだ。量的緩和について少しでも逆の話しが出てくれば、株安にもなりやすいはずだ。


日本時間 19時30分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る