ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル高のトレンドに、止まる雰囲気なし。
もみ合いが続く米ドル/円も、米国の長期
金利が上昇を始めれば上昇し始める!

2021年12月07日(火)08:51公開 (2021年12月07日(火)08:51更新)
バカラ村

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

パウエル議長はオミクロン株よりもインフレを懸念。2期目はタカ派な金融政策になりやすい

 金融市場はオミクロン株の影響でリスク回避となっていますが、11月30日(火)にFRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が議会証言で「インフレは一時的」という表現をやめる時期にきたことを示唆しました。さらに、12月14日~15日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)「テーパリング(※)を加速させることの議論は適切」とも発言しました。

(※「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

パウエルFRB議長は、11月30日の議会証言でインフレは一時的という表現をやめる時期にきたことを示唆。さらに、12月15日に開催されるFOMCでテーパリングの加速させることについても言及した (C)Bloomberg/GettyImages

パウエルFRB議長は、11月30日の議会証言でインフレは一時的という表現をやめる時期にきたことを示唆。さらに、12月14日~15日に開催されるFOMCでテーパリングの加速させることについても言及した (C)Bloomberg/GettyImages

 新型コロナウイルスの新たな変異種オミクロン株の感染が拡大しているため、インフレ対策は後退するかと市場参加者も予想していましたが、パウエル議長はインフレの方を懸念しているようです。

 そのためオミクロン株でのリスク回避や、米国の金融政策が転換することもあり、株式市場は売る材料が重なって軟調な推移となり、為替市場は米ドル高に推移しました。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:TradingView

 バイデン大統領もインフレ対策を最優先課題としており、パウエル議長の2期目はタカ派な金融政策になりやすいことになります。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

今週発表の米CPIが高い数字となれば、FOMCでのテーパリング加速予想が確実なものに

 今週(12月6日~)10日は、米国のCPI(消費者物価指数)が発表されます。

 前回は6.2%上昇と、31年ぶりの高い水準となりました。

そして今回の予想値は6.8%上昇となっており、前回よりもさらに高い数字が予想されています。

 来週(12月13日~)、14日~15日に開催されるFOMCでは、すでにテーパリングの加速が予想されていますが、今週(12月6日~)発表されるCPIが高い数字となれば、その予想はほぼ確実なものになるのではないかと思います。

 利上げ予想も、来年(2022年)初旬の予想が増えてきており、これは米ドル高の材料になります。

 ただ、米長期金利はオミクロン株の影響もあり、12月3日(金)には1.33%台まで低下しました。

 長期的には上昇すると思いますが、目先は軟調な動きが続いています。

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

 米ドル円と米長期金利の相関性は高いため、米ドル/円も112.50~113.60円での推移が続いていますが、米長期金利の上昇が始まれば、米ドル/円も上昇し始めると思います。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

米ドル高トレンドは、まだ止まる雰囲気なし。FOMCを控え、トレンドについていく方が良い

 為替市場は米ドル高トレンドが継続しており、まだ止まる雰囲気がなく、ファンダメンタルズとしてもFRBの金融政策の転換が材料となって、米ドル買い方向でトレードする方がいいように考えています。

 ただポジションの巻き戻しも同時に出ているため、これまで円売りやユーロ売りに偏っていたことから、その巻き戻しで米ドル/円やユーロ/米ドルに関しては米ドル高トレンドとはなっていません。

 豪ドル/米ドルやニュージーランドドル/米ドルや英ポンド/米ドルなどでは、米ドル高トレンドが継続しており、まだこれが継続すると考えて、米ドル買いがいいのではないでしょうか。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

ニュージーランドドル/米ドル 日足
ニュージーランドドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルは、リスク回避のときにユーロの買い戻しが出ることで下降トレンドは止まっていますが、1.1180~1.1380ドルのレンジで推移しています。

 大きな動きを見直すと、1.1500ドルを下抜けてからは下げが加速したこともあり、重要な節目だったことになります。

 ユーロもポジションの偏りがなくなれば、リスク回避のときでも対米ドルでは下がる動きになると思います。

1.1380ドルがレジスタンスとなっており、さらに1.1500ドルはかなり強いレジスタンスになります。

ユーロ/米ドルの下降トレンドは止まっていますが、こちらも米ドル買いでいいのではないかと思います。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 米ドル/円はまだもみ合いですが、来週(12月13日~)にFOMCを控えていることもあり、トレンドは反転を予測するよりもトレンドについていく方がいいため、他のドルストレートは米ドル買いのトレードがいいのではないかと考えています。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る