ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

中国不動産が部分的デフォルトだが想定内、
FOMC控えた米CPIでのドル金利に注目!

2021年12月10日(金)15:17公開 (2021年12月10日(金)15:17更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 中国恒大グループのデフォルトが確認されて、格付け機関のフィッチが格下げを発表した。そのために今週に入って続いてきたリスクテークの流れが止まってしまった。しかしリスク回避が全面に出て、大きくリスク相場が崩れると言うことはなかった。ここまではすでにシナリオ通りで、想定の範囲内だったと言うことなのだろう。

 コロナウイルスの変異株も、大方のところ、脅威は過ぎ去ったものと見なしているようだ。アメリカではコロナ感染者数が週平均で1日あたり12万人台となっており、大きな数字であるには違いないのだが、ロックダウンや生活の制限などの話しは一向に聞こえてこない。

 いずれにしても本来ならば不透明要因のはずのものに対して、市場はやや楽観的な態度に傾きすぎているようにも思える。今晩はアメリカのCPIだが、インフレ懸念もやはり「もうすぐ落ち着く」という見方をしていたいだけなのだろうか。

 事前の予想ではCPIはプラス0.7%くらいが見込まれているが、仮にこれよりも低くても市場はあまり反応しないだろう。先行指標であるPPIは大幅に増加しているのが確認された後でもあり、低い数字が出ても、今後の増加が顕著になるだけだという見方が強いからである。

 やはり注目は上ブレのほうだ。それは来週にFOMCを控えているからでもある。すでに3月までのテイパリング終了も織り込まれており、6月から利上げに踏み切るとされている。これにもう一段階のタイトニングの意向が加わるのかどうか。ドル金利に注目したいところだ。

 しかしドル円もユーロドルも、ここからドル相場が上がっていったにしても、今年のドル高値という重要なレジスタンスを迎えることになる。まずはそのレベルまで上がっていくのかが第一目標となる。抜けてくるためにはさらなる材料が必要となりそうだ。 

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る