ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル売り介入は回り回って欧州通貨の下落にもひと役、
欧州各国の政治的な要因も加わりゆくえキープウォッチ!

2022年09月26日(月)15:50公開 (2022年09月26日(月)15:50更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 日本の連休中にポンドが大幅安して、1.08台まで突っ込んだ。この原因は英政権による大規模な財政支出の影響だとされているが、大幅減税などは党首選の時の公約でもあったので、既定路線のことが起こったまでのことだ。それよりもドル金利の上昇の方が影響が大である。

 日銀がドル売りをしたので、それが回り回って日本の米国債の保有量を減額させることになる。米国債の売りはすなわち長期金利の上昇だ。それも遠因となってドル金利は今年の最高水準となった、ドル高はユーロやポンドを直撃し、ポンドに限らず、ユーロも0.96台まで突っ込んでいる。

 金曜日のユーロドルやポンドドルの落ち方はきれいだったといえよう。ほとんど戻し場を作らずに落ちてしまった。それにはドル円をもっとも買いたいところなのだが、為替介入も出たことだし、ドル円は買いづらい。その代替品としてユーロやポンドで一気に表面化させたということなのだろう。

 為替介入で外貨売りの介入には弾切れの心配があると言われているが、その懸念は少ないようにも思う。さんざん今までドル買い介入をしてため込んだドルが10万本もあるのだ。1ドル100円で考えても、毎年の国家予算の規模だ。

 毎日のように為替介入をやったとしても、5年続けても弾切れの心配はない。心配するべきなのは米国側のファンディングである。どこかの時点で許容範囲を超えるのは明らかだ。日本側の事情ではない。

 今週はドル高の流れは続くだろうが、その中でもドル円の上値の伸びが気になるところ。またそろそろ欧州通貨安の側面にもフォーカスが当たろうとしている。ECBやイギリスの金融当局者の意見も重要度を増してきている。


日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る