ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ゴールドの底堅さによる米ドル安とスイスフラン高で、
米ドル/スイスフランは戻り売り。この動きに連動し、
米ドル/円も戻り売りが良さそう

2023年04月13日(木)18:20公開 (2023年04月13日(木)18:20更新)
西原宏一

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

ニュージーランドドルは続落、米ドルは依然レンジ

 みなさん、こんにちは

 先週のコラムでご紹介させていただいたニュージーランドドルは、今週(4月10日~)もじわじわと値を下げています。

ニュージーランドドル/円・4時間足
ニュージーランドドル/円・4時間足

(出所:TradingView

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は125円へ向けて下落中! リスクオフではなく、米国の金利低下で米ドル安が続く! 大幅利上げでも上値が重い、ニュージーランドドルにも注目!(2023年4月6日、西原宏一)

 一方、欧州通貨に対して米ドルは軟調に推移しており、米ドルはまちまちな動きです。

 こうした不透明な環境下、米ドル/円は129円~134円のレンジをひたすら乱高下しているだけの相場に終始しています。

 では、ここで年初からの主要通貨の動きをもう一度確認してみます。

 下図は主要通貨の対米ドルの騰落率。

対米ドルの年初来騰落率
対米ドルの年初来騰落率

 英ポンドや、スイスフラン、ユーロに対しては総じて米ドル安。一方、ニュージーランドドルや豪ドル、そして円に対しては米ドル高傾向となっています。

 つまり今年の相場はクロス円が上がる下がるという表現は正しくなく、例えば英ポンド/円は上昇、ニュージーランドドル/円は急落といったまちまちな流れになっているのです。

 見方を変えれば、昨年(2022年)の「オセアニア通貨買いVS欧州通貨売り」の逆流が起きているともいえます。

 そして、こうした動きの中、個人的に注目しているのがスイスフランです。

ゴールドや仮想通貨が反発!

 ここで視点を他の商品に向けてみましょう。

 まずは、ゴールド(金)。今年の注目はコモディティというのは何度かご紹介させていただいているとおりですが、その中心がゴールドです。

 下図はゴールドの日足。

金価格の推移・日足
金価格の推移・日足

(出所:TradingView

 ゴールドは年初1800ドル水準からスタートし、その後順調に値を上げてきており、今月初旬、節目の2000ドルを超えてきました。

 そしてビットコインやイーサリアムをはじめとした仮想通貨も大きく上昇しています。

 ゴールドを筆頭にこうした流れの時は、米ドルの上値が重い傾向にあります。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

ゴールドと相関性の高いスイスフランもじり高に

 ゴールドと相関性の高い通貨ペアといえば米ドル。そしてスイスフランです。

 ここで昨年からのスイスフランの動きを振り返ってみましょう。

 そもそも昨年6月にSNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])がタカ派に傾斜して以降、スイスフランは選好して買われてきました。

 しかし、先月のクレディ・スイスの破綻の動きから、一時スイスフランは軟調に推移。

 ただ、スイスの最大手であるUBS銀行がクレディ・スイスを買収することが発表されると、スイスフラン買いが再び加速。

米ドル/スイスフラン・日足
米ドル/スイスフラン・日足

(出所:TradingView

 米ドル/スイスフランの重要なサポートレベルであった0.9000フランがなかなか抜けなかったのですが、そのサポートラインを今週割り込んできました。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

ニュージーランドドル/円と米ドル/スイスフランを戻り売り

 法定通貨の中でゴールドと相関性が高い通貨としては豪ドルもあげられます。

 その意味において、1月までは僕も豪ドルのロング(買い)を推奨していましたが、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])の連続利上げによる豪州の景気悪化懸念から、現在は豪ドルとゴールドとの相関性が切れており、豪ドルは反落しています。

豪ドル/米ドルと金価格の推移・日足
豪ドル/米ドルと金価格の推移・日足

(出所:TradingView

 結果、ゴールドが底堅いことでの米ドル安と、スイスフラン高が相まって、米ドル/スイスフランの下値余地が拡大しています。

 FRB(米連邦準備制度理事会)と日銀のピボット(政策転換)が話題となり、米ドル/円も上値は重いものの、日銀のピボットがなかなか現実化せず、当面まだ130~135円のレンジ圏内での推移。

 そのため、先週ご紹介させていただいたニュージーランドドルは対円での戻り売り。そしてゴールドの動きを横目に、米ドル/スイスフランの戻り売りとします。そして、米ドル/スイスフランの下落に連れ、米ドル/円も戻り売りが良さそうです。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 バイナリーオプション比較
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る