ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

豪ドル/米ドルは売り! 21週移動平均線の0.68ドルが
レジスタンスとなれば、まずは0.65ドルへ下落の可能性。
米ドル/円は米CPI次第。130~137円の広めのレンジで

2023年04月11日(火)11:02公開 (2023年04月11日(火)11:02更新)
バカラ村

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 先週(4月3日~)は、体調不良のため更新をお休みさせていただきました。

 申し訳ございませんでした。

先週の米ドル/円は130.58円まで下げたが、米雇用統計や植田新総裁の発言などで133.87円まで上昇

 先週の為替市場は、米国の経済指標が悪いものが多く、週初の米ドル/円はそれに反応し、130.58円まで下がりました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

 金曜日(4月7日)の米雇用統計に関しては、予想値とほぼ同じような内容でしたが、悪い数字が出るとの期待も高まっていたようで、さらに多くの国が連休ということもあって、ポジション調整も出たことで米ドル/円は反発しました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

 そして、昨日(4月10日)は日銀の植田新総裁と両副総裁の就任会見が開催されました。

 市場ではYCC(イールドカーブコントロール)修正期待があり、会見前には132.00円まで下がっていたものの、植田総裁は「YCC継続が適当」と発言し、これまでの黒田前総裁の金融政策を引き継ぐような発言となり、133.87円まで上昇しました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

 植田総裁の発言からは、ハト派な発言続いていましたが、ただ、YCCを修正する場合はサプライズで行う方が適切になるため、YCCの修正がかなり先になると考えるよりは、いつ修正が起きても不思議ではないと思います。

今週も米CPIの結果次第でどちらにでも動く可能性

 今週(4月10日~)は、水曜日(4月12日)に米CPI(消費者物価指数)の発表があります。

 金融市場は、次回のFOMC(米連邦公開市場委員会)で0.25%の利上げを予想していますが、この米CPIの内容次第で据え置きになる可能性もあります。

最近は経済指標で為替市場は反応していることもあり、今週も米CPIの結果次第でどちらにでも動く可能性があります。

【※関連コンテンツや関連記事はこちら!】
為替相場のその日の注目材料や経済指標・イベントの発表時刻、市場予想をまとめてチェック、FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法とは? もちろん無料で利用できるのが魅力! 実際に使ってみた!

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

バカラ村のFXトレード日報!

米ドル/円のレンジを130~137円とすると、レンジ幅が大きくなってしまうが、米CPIがあるため、広めにみた方がよさそう

 米ドル/円は、先週は経済指標を材料にして短期勢が130.58円まで下げましたが、すぐに反発しておきており、結果的にトレンドの無い相場が続いていることになります。

 下は129.65円、そして130.58円と、130円前後ではサポートされていますが、上は137.90円、そして200日移動平均線が137円台前半付近に推移しています。

130~137円とすると、このレンジ幅は大きくなってしまいますが、今週は米CPIがあるため、広めにみた方がよさそうです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 米ドル/円はもみ合いで、ただ、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ終了が近いことから、上がれば売りを考えたいところですが、すぐには下がらないかもしれません。

豪ドル/米ドルは、21週移動平均線の0.68ドルがレジスタンスとなっている状態であれば、まずは0.65ドルへの下落の可能性

 弱い通貨を探すと、オセアニア通貨が軟調な動きが続いています。

 豪ドル/米ドルは200日移動平均線も下抜けていますが、週足では21週移動平均線がレジスタンスとなっており、軟調な推移となっています。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

21週移動平均線の0.68ドルがレジスタンスとなっている状態であれば、まずは0.65ドルへの下落の可能性があるように思います。

豪ドル/米ドル 週足
豪ドル/米ドル 週足チャート

(出所:TradingView

 米ドル/円がすぐに下がらないかもしれませんので、豪ドル/米ドルの方で売りを考えたいと思います。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
バイナリーオプション比較 経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る