ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円やクロス円が、ほとんど無視されていた
「求人件数」に敏感に反応して、円高に振れたワケは?
マーケットは気迷い状態。米雇用統計で相場観を修正

2023年04月06日(木)14:48公開 (2023年04月06日(木)14:48更新)
今井雅人

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

ほとんど無視されていた求人件数に、マーケットは敏感に反応し、金融市場全体がリスクオフの展開となった

 それまで、見向きもされなかった人がある日、何かのきっかけで脚光を浴びるということが、我々の社会では時々起きますが、マーケットにも同じようなことが時に見られます。

 それまで、ほとんど無視されていたイベントや経済指標が、突然主役になるというような現象です。

 今回は、米国雇用動態統計(求人件数)という指標がその例に当たります

 この指標をこれまで、どれだけの人が認識していたでしょうか?

 米国の雇用統計は多くの人が知っていると思いますが、この指標を普段から注視していた人はほとんどいなかったと思います。

 しかし、今週(4月3日~)発表された求人件数の2月分の結果に、マーケットは敏感に反応しました。

 今回発表された件数は993万件と予想を大きく下回り、2021年5月以来の1000万件割れといった低水準となりました。

 この指標の結果を受けて、米国の長期金利は急低下し、金融市場全体はリスクオフの展開となり、為替相場ではクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)、米ドル/円で円高が進行しました。

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

求人件数は、パウエルFRB議長が注視する4つの経済指標のうちの1つだった

 一体、今回はどうしてこういう反応になったのか? それには、先日のパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言が関係しています。

 先日のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の会見で、今後の金融政策を判断していくにおいて「4つの経済指標を注視する」と発言しました。それは、CPI(消費者物価指数)、PPI(卸売物価指数)、雇用統計、そしてこの求人件数でした。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は、パウエルFRB議長が注目する米雇用統計が強ければ、いよいよ140円が視野に! さらなる利上げが期待されるユーロ/円やメキシコペソ/円も上昇しやすい(3月9日、今井雅人)

パウエルFRB議長写真

パウエルFRB議長は、先日のFOMC後の会見で、今後の金融政策を判断していくにおいて「4つの経済指標を注視する」と発言した。それは、CPI、PPI、雇用統計、そしてこの求人件数だった (C)Bloomberg/Getty Images News

 最初の3つの指標は、従来から重要な経済指標として注目を集めていましたが、求人件数に関しては、ほとんどの人がノーマークでした。そのFOMC後、初の発表であったため、今回は注目されていたということです。

 この指標が発表される前は、金融不安が払しょくされてきたことを背景にリスクオンの動きが広がり、米国の長期金利は上昇し、為替相場では円安が進んでいました。米ドル/円は133円台後半まで上昇、ユーロ/円も145円台に乗っていました。

 しかし、この経済指標の結果でムードが一変し、今度はリスクオフのムードが強くなっています。さらには、その後発表されたISMの景況指数も製造業、非製造業ともに予想を下回り、PMIも予想を下回っています。

 こうした結果を受けて、次回5月のFOMCでは、利上げが見送られるのではないかという観測も広がってきています。

現在のマーケットは気迷い状態。1つの経済指標で一変したムードは、別の1つの経済指標で変わってしまうことも

 しかし、1つの経済指標で一変したムードは、別の1つの経済指標で変わってしまうことも当然考えられます。

 逆に言えば、それほど現在のマーケットは気迷い状態にあると言うことが出来ると思います。

 正直申し上げて、現在の状況では、先行きを見通すのが非常に難しいです。

 今後は、さまざまな米国の経済指標の結果を見ながら、相場観を修正していくというやり方しかできません。

 それまでは、その時の流れについていくしかないかと割り切っています。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

米雇用統計の結果を見て、相場観を修正。それまで軽めにレンジトレード

 当面は、4つの重要指標のうちの1つである雇用統計が週末に発表されます。

 市場予想は、失業率が3.6%、非農業部門就業者数が前月比24万人の増加、平均時給が前年比で4.3%の増加となっています。

この結果を見て、相場観の修正をしていきます。おそらく、それまではフラフラした相場が続くと思いますので、軽めにレンジトレードをしておきたいと思います。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 jfx記事
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る