ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
田向宏行式 副業FXのススメ!

FX取引で欲が強いと安易に取引したり、損切り設定を狭く
しがち。自分都合の損切り設定は何も意味がない! お金持
ちは欲を抑えた投資をして、さらにお金持ちになりやすい

2023年12月05日(火)13:09公開 (2023年12月05日(火)13:09更新)
田向宏行

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

欲があるのは大切だが、FX取引では欲が強すぎると良くないワケは?

 FXだけでなく、投資は余剰資金でやりましょうということは、あちこちで言われています。

 これは普段の取引でも大事なことで、資金を含め余裕がないと、逆に自分を苦しめることもありそうです。

 人にとって欲があることは大切なことですが、FX取引においては、欲が強すぎると良くないことがあります。

メルマガ会員のみなさまには、オンライン交流会などの機会で具体的なチャートに沿ってお話していることですが、今回はコラムで少しご説明してみようと思います。

【※関連記事はこちら!】
FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!参加者同士の交流も。

★ザイFX!で新たにスタートした田向さんの有料メルマガ「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」では、会社員などトレードにかける時間がない人に最適なメルマガを配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!

欲が強いと安易にポジションを作りがちで、損切り設定を狭くしがち

 まず、欲が強いということは、相場に入れば利益を得られるチャンスがあると思い、安易にポジションを作ってしまいがちです。

 ポジションを持てば利益のチャンスと同様に、損失を被る可能性も当然あるわけですが、欲が先走ると利益の方ばかりを見てしまいがちです。これは欲が強すぎる典型的弊害です。

 次に、欲が強い人は損切り設定を狭くしがちです。もし損をするなら小さい方がいいと思うからで、これも欲です。

田向宏行著『ずっと使えるFXチャート分析の基本』

 しかし、そうした自分都合の損切り設定に何の意味もないことは、以前のコラムや拙著などでご説明の通りです。

【※関連記事はこちら!】
戦略どおりの損をすることが大事! 腹をくくらなければ値動きや感情に振り回され、運次第の取引になり、後の利益の障害に。損が大きいと感じるのは取引サイズが大き過ぎ(11月22日、田向宏行)

 私は、その時間軸で相場の流れが変わる可能性があるなら損切りすべきだし、流れが変わらないならポジションを維持するべきと考えています。

 この流れが変わる場所は、チャート分析の技術によって数値を求めることができます

 よって、損切り値はこの数値を基準に流動性やスリップを含めて考えるもので、自分の都合で考えても意味がないと思っています。

 さらに、チャート分析に従って適切な損切りを置いたとしても、損切り幅が広いと認識していると、広い幅の大きな損失より狭い幅で小さな損失にしようという欲が働きやすくなります。

 せっかく損切りポイントをチャートから求めても、欲が強いと相場の値動きを見ているうちに「もし損切りがついたら」と考えて、「ならば早めに切ってしまおう」としてしまいがちということです。

 これも、取引を始める際に欲が強かった結果だと思います。

エントリー前にわかっている損切り幅が広いと思っても、欲があるから取引して損をしてしまう

損切り幅はエントリー前にわかっていることです。

 ということはその時点で、この損切り幅を自分が許容するかどうかが問われています。ここでじっくり考えなくてはなりません。

もし「広すぎるな」と思うなら、その取引は見送ってもいいわけです。でも、欲があるから取引してしまう

 すると、その後自分の理想とは違う値動きをしている状況を目にすると、損を小さくしなくてはと考えてしまいやすいのです。そしてこの欲のために、損をすることが起こりかねません

 このように、トレーディングは欲望と恐怖心のゲームですから、取引戦略や手法などとは別に、自分自身の「欲」とどう向き合うかも大事な点なのです。

世の中のお金持ちがさらにお金持ちになりやすいのは、欲を抑えた投資をしやすいから

 少し脱線しますが、世の中のお金持ちがさらに金持ちになりやすいのは、欲を抑えた投資をしやすいからです。

田向宏行著『誰でも学べる投資の基本技術』

資金に余裕があるので、ことさら高いリターンを求めなくてもいいわけです。

 物価上昇率以上のリターンを維持していれば、自分の資産が目減りすることはないわけですから、全然問題ありません。

 そのうえで、さらに想定以上のリターンが生まれればラッキーで、このラッキーな状況をさらに伸ばすことができます。

 しかし、金銭的に余裕がないと、その資金を最大限効率的に運用して最大利益を追求しようと考えがちです。

 だからレバレッジも使いますし、高いレバレッジを使ってしまうこともあります。でも、これはとても難しいし、リスクも高くなります。

 これを追求しているヘッジファンドなどのプロの人たちだって、1日中相場に張り付いて仕事として投資をしていても、なかなか難しいことです。

 これを素人の個人投資家がやろうとするのは、かなり無理があるのではないでしょうか。

少し余裕を持つことで、自分のポジションに対するギリギリで不利な状況を回避できる場合も

 加えて、FXは相対取引です。レートはFX会社の値付けであって、ズレが生じるぐらいは考えておく必要があります。

 そうであれば欲を少し抑えて、少しだけ余裕をもったポジションメイクやオーダー設定をしてみてはどうでしょうか。

ギリギリで自分のポジションだけが刈られるとか、ギリギリで着いたポジションが伸びずに流れが変わるなどという事態は、少し余裕を持つことで回避できる場合も出てくると思います。

 特に、これからクリスマス休暇や年末年始で市場参加者が減りやすく、流動性も低下しがちな時期です。

 こうしたときは特に意識して余裕を持つことが大切だと思っています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で新連載をスタートした田向宏行さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!(月額:4400円・税込)」です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!画像

 FXや投資に関する書籍7冊が、計10万部超えの人気を博す田向さんが、100年以上続くダウ理論を基に、チャートポイントやテクニカル分析を配信します。

 さらに、トレーダーを孤独にしたくないとの思いから、週1回、Zoomなどでオンライン交流会を実施する予定です! 田向さんに相場の見方を直接聞いたり、メルマガ読者同士で交流したり―――顔出しなしでもかまいませんので、お気軽なご参加をお待ちしています。

10日間の無料体験期間がありますので、「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」をぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 経済指標速報記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る