ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は152円上抜け時の突然の為替介入に警戒!
瞬間的に4-5円下落したときは焦って売らずに絶好の
チャンスと捉えて買い向かうのが大事!

2024年03月29日(金)13:46公開 (2024年03月29日(金)13:46更新)
今井雅人

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 YouTube動画「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」では、今井さんがトレード戦略を中心に為替マーケットのポイントを解説します。メルマガ「ザイFX!FXプレミアム配信with 今井雅人」とも連動しているので、コラムと合わせてご覧いただきトレードの参考にしてください。
【※関連記事はこちら!】
元邦銀チーフディーラー今井雅人のYouTube「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」始動!ザイ投資戦略メルマガ連動のFXトレード戦略を毎週配信!


財務省・金融庁・日銀の緊急3者会合は米国向けのパフォーマンス

 今週(3月25日~)、米ドル/円は151.97円と1990年以来の水準まで上昇しました。

米ドル/円 月足
米ドル/円 月足

(出所:TradingView

 これを受けて、財務省、金融庁、そして日銀が緊急の3者会合を開きました。今回は、この意味について考えてみます。

 実は、為替相場を管轄しているのは財務省で、金融庁や日銀は直接は関係ありません。金融庁は金融機関の監督をするのが仕事。日銀は物価の安定を維持するのが任務です。

 それにも関わらず、3者で会談をするのは、はっきり言って、パフォーマンスです。

 しかし、パフォーマンスだからといって無視していいかと言えばそうではありません。これは、この会合はマーケットに対してやっているのと同時に、米国に対してやっている部分もあるからです。

日本政府が米ドル/円で介入をする場合、米国に事前に連絡をして理解を得ておかなければなりません。その理解を得るために、いくつかの根回しのようなものが必要です。その理解とは介入を実施する理由です。介入は基本的には、市場が不安定になり過度な変動をしたときに、これを抑えるために行われるものです。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

神田財務官の発言は介入の理由を整えるためのものだった!?

 この点について、神田財務官が非常に興味深い発言をしています。「円安の背景に投機的な動きがあることは明らかである」「米ドル/円の2週間で4%はなだらかなものとは到底言えない」です。つまり、今回の円安は投機的な動きで起きている異常なもので、動きも急であると言っているわけです。

 2週間で4%動くなんてよくあることで、この程度の動きが急だというのは、正直ちょっと無理があると思いますが、介入の理由を整えるために、わざとこう言っています。さらに「最近の円安はファンダメンタルズを逸脱している」とも言っています。

 政府や中央銀行は、為替相場の特定の水準へのコメントは控えるというのが慣例ですが、ここであえてファンダメンタルズから乖離しているとの認識を示しているのは、今の動きは投機的なので見逃すことができないと考えているとわざわざ発信しているということです。

 そして、その認識を共有するために3者会合を開いて、これは3者とも同じ意見であるということを外向けに見せるために行ったということです。

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

米ドル/円152円上抜け時の突然の介入には警戒!焦って売らずに下がったところ買い向かう

 一昨年(2022年)、為替介入がありましたが、そのときも事前にこの3者会談が行われました。そう考えると、いつ介入するかについては、まだわかりませんが、いつでも介入できる環境を整えたことは間違いありません。

 今後、米ドル/円が152円を上に抜けたときなどに突然介入が入ってくる可能性があることは意識しておいたほうがいいと思います。

 仮に介入をしてくる場合は、中途半端な金額ではかえってマーケットになめられてしまうので、相当な金額を投じてくるのは間違いないと思います。一昨年(2022年)の例を考えてみると、一度に2-3兆円を使ってきて、米ドル/円は瞬間的に4-5円程度は下がると思います。

 しかし、前回の例から見ても下げは非常に短期に終わり、すぐに元の水準に戻るという展開になると思います。

 ですから、介入があったときは焦って売らないことです。そのときポジションを持っていなければ、下がったところは、絶好の買いのチャンスと思って買い向かうことが大事です。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 また、円売りポジションを持っているときは、今後は介入に備えて、近いところにストップ注文を入れておくことをお勧めします。

 そうすれば、また安いところで買うことができると思います。ここからは、円安になればなるほど介入リスクが高まるということを頭に入れておきましょう。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 経済指標速報記事 田向宏行
トレーディングビュー記事 経済指標速報記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る