ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は150円台でもみ合い。為替相場が材料難で
方向感を失う中、スワップポイント(スワップ金利)を
うまく活用した戦略で賢く安全にトレードしたい

2024年02月29日(木)11:10公開 (2024年02月29日(木)11:10更新)
今井雅人

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 YouTube動画「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」では、今井さんがトレード戦略を中心に為替マーケットのポイントを解説します。メルマガ「ザイFX!FXプレミアム配信with 今井雅人」とも連動しているので、コラムと合わせてご覧いただきトレードの参考にしてください。
【※関連記事はこちら!】
元邦銀チーフディーラー今井雅人のYouTube「マットキャピタル今井雅人のFX戦略メモ」始動!ザイ投資戦略メルマガ連動のFXトレード戦略を毎週配信!


材料難で方向感を失う為替相場。一時的な動きはあってもトレンド形成は困難か

 FX(為替)相場は方向感を失って、狭いレンジに入ってしまっています。端的に言えば、材料難です。FRB(米連邦準備制度理事会)だけではなく、ECB(欧州中央銀行)、BOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])など、主要国の利下げはかなり先になりそうな状況になってきました。

 日銀は4月にデフレ脱却宣言をして、マイナス金利を解除する可能性がありますが、まだ先のことですし、さらにはマイナス金利を解除しても、その後も金融緩和は継続すると日銀の幹部が話していますので、円高トレンドを演出するようなものにはならないと予想しています。

 こうした状況の中、新規材料が出てくるまでは投資家も動きづらい状態になっているということです。

今後、経済指標などにより、一時的に動くことはあったとしても、トレンドを形成するところまでは至らないでしょう。

 実際に、先日、米国のCPI(消費者物価指数)が予想値を上回ったときも、発表時には米ドル/円は149円台前半から150円台後半まで一気に上昇しましたが、その後は150円台でのもみ合いに入ってしまっています。今後の経済指標の発表の時もこのようなイメージで動くと考えています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

スワップ金利を活用!相場が膠着したときのトレード戦略

 さて、こうしたときの戦略はどうしたらいいか。まず、第1にスワップポイント(スワップ金利)を上手く活用するということです。相場が膠着してくれば、スワップポイント(スワップ金利)がプラスのポジションとマイナスのポジション、どちらが優位かと言えば、これは明らかです。

メキシコペソ/円のように、その国の経済が安定していて、かつ高金利の通貨が最適ですが、米ドル/円、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)でも基本は買い方向を選択するのが有利になります。

 その上で、レンジ相場のときは、自分でレンジを想定してレンジトレードをすることになりますが、その際もできればスワップポイント(スワップ金利)​がプラスのほうからポジションをとったほうが安全です。

メキシコペソ/円 日足
メキシコペソ/円 日足

(出所:TradingView

 今でいえば、米ドル/円、クロス円での押し目買いです。私の場合は、最終的に円安方向に抜けると考えていますので、根っこの円売りポジションはキープし続けたままにしながら、米ドル/円、ユーロ/円などの流動性の高い通貨ペアで押し目買いし、上がったところを売り、また下がったら買うという取引を続けています。

 上がった時にショートポジションをとるという方法もありますが、最終的に上に抜けると考えているときは、ショートから入ることはできるだけ避けたほうがよいと思います。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

メキシコペソ/円の買いでスワップ金利を稼ぐ戦略がより有効に

 最後に、メキシコペソに関する情報をひとつ紹介しましょう。

 昨日(2月28日)、メキシコ中銀が今年度のインフレ見通しを以下のように上方修正しています。

「2024年第1四半期のCPI見通しを+4.3%から+4.7%に上方修正」
「2024年第2四半期のCPI見通しを+4.0%から+4.3%に上方修正」
「2024年第3四半期のCPI見通しを+3.7%から+3.9%に上方修正」
「2024年第4四半期のCPI見通しを+3.4%から+3.5%に上方修正」

 これで、メキシコの利下げはかなり遠のきました。

 円の要因も考える必要はありますが、当面メキシコペソ/円の買いでスワップポイント(スワップ金利)​を稼ぐ戦略はより有効になったと考えています。

メキシコペソ/円 週足
メキシコペソ/円 週足

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る