ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

QE3はある? ない? いずれにしても
米ドル全体の値動きは限定的であると予想

2012年08月31日(金)17:44公開 (2012年08月31日(金)17:44更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■ジャクソンホール講演を控え、変動レンジは広がらず

 今週(8月27日~)の為替マーケットは狭いレンジでの変動に留まっている。

 今晩(8月31日)23時に行なわれる米ジャクソンホールでのバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演を、市場関係者は固唾をのんで見守っているからだ。

 米地区連銀経済報告書(ベージュブック)が示す景気判断はやや向上したこともあって、マーケットには「FRBは必ずしも9月に早期QE3(量的緩和政策第3弾)を実施するとは限らない」といった雰囲気も濃厚になっているが、市況はバーナンキ氏のお話次第と言えるだろう。

 もっとも、マクロ金融政策に関する観測は我々の想像と違い、専門家の間でもかなり見方が分かれるところだ。

 世界的に著名な債券ファンドマネージャー、PIMCOのビル・グロス氏とDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏の見方が分かれている(前者が9月QE3あり、後者はなしとみているという)くらいだから、バーナンキ氏の話が聞けるまではなんとも言えないが、マーケットの反応はある程度推測できると思う。

■QE3がなければ米ドル全体が買われるが反応は限定的

 仮に、今晩(8月31日)マーケットの予想どおり、バーナンキ氏がQE3をはっきり示唆しなければ、米ドル全体が買われ、円を除くユーロなどの主要通貨は調整色を強めていくだろう。

 ただし、値幅が大きいとは思えない節がある。

 その理由としてまず、足元のセンチメントは早期QE3なしといった観測にやや傾いているから、仮にバーナンキ氏が曖昧な言い方に終始したとしてもサプライズではないので、反応も限定的だろう、ということが挙げられる。

 次に、9月のECB(欧州中央銀行)金利決定会議を控え、マーケットはECBの次の一手を警戒しているから、ユーロ売りをガンガン仕掛ける環境ではない、ということがある。

■QE3ありなら米ドル全体売りだが、やはり限定的

 一方、バーナンキ氏がQE3実行に言及した場合は、米ドル全体が売られるだろう。

 しかし、この場合でも結果的には激しい値動きではなく、短期スパンではやはり限定的な値動きに留まるのではないかと思う。理由は以下のとおりだ。

 まず、最近のドルインデックスや米ドル/円の下げは基本的にQE3の可能性をある程度織り込んでいる結果だ。

 ユーロ/米ドルを例として挙げれば、2010年6月以来の安値から、1カ月ぐらいで100日移動平均線(100日線)に接近するまで切り返しができたのは、ECBの行動に対する期待だけではなく、FRBの政策への警戒も重なっているからだと思う。

 次に、やはり、9月6日(木)のECB会議を控え、不確定要素が存在しているだけに、ユーロ高・米ドル安一辺倒にはならないかもしれない、ということがある。

 「ドラギECB総裁が今回のジャクソンホール会議を欠席する」という発表で引き起こされたマーケットの思惑はあったものの、ユーロ/米ドルはいまだに100日線を上回っていない。

ユーロ/米ドル 日足

(出所:米国FXCM

 この現状から考えると、市場関係者らは意外に冷静であることがうかがえる。

■QE3実施でも、米ドル/円の下落は限定的

 ところで、肝心の米ドル/円に関してだが、仮にQE3が確実になれば、底割れしてガンガン円高の方向にいくのだろうか。

 結論から申し上げると…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る