ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

手仕舞い売りが出て米ドル/円4.4円急落!
米ドル/円にロング再構築の好機到来

2014年12月11日(木)18:44公開 (2014年12月11日(木)18:44更新)
西原宏一

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■日本株と米ドル/円が調整局面入り

 そして、今週(12月8日~)は、原油の急落が誘因したのか、「日本株と米ドル/円」は調整局面入り

NY原油先物 日足

(出所:米国FXCM

 日経平均は1万7000円台まで、米ドル/円は117.44円と、12月8日(月)からのわずか3日間で約4.40円の急落

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 ここで問題になるのが、日経平均。株の下落もあり、米ドル/円は120円以下のレベルに収まっていますが、同時に日経平均は1万7000円台まで急落しています。3日前の12月8日(月)は1万8000円台でしたので、あっという間に1000円急落したことになります。

日経平均 日足

(出所:株マップ.com

 日経平均の1万7000円というレベルは、選挙戦にとって不利になるようレベルではありませんが、問題は下落のスピード

 週末に向けて、株がさらに急落するようであれば、日銀がETFなどの買いを持ち込み、下落を抑制することが想定されます。

■年末にかけての調整局面がドル/円ロング再構築の好機に

 読みにくいのが、選挙戦後の相場。日銀バズーカや、GPIF改革も、見方によっては来たる衆議院選挙に向けての対策と言えます。

【参考記事】
日銀とGPIFのダブルバズーカ炸裂で、ドル/円は120円へ向け上昇の可能性濃厚

 選挙に関しては与党大勝というのがコンセンサス。そして、選挙結果が予想どおりとなれば、「日本株と米ドル/円」にはもう一段、セル・ザ・ファクト(sell the fact)の売り圧力がかかる可能性があります。

米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 ただ、今週(12月8日~)の下落が、選挙明けのセル・ザ・ファクト(sell the fact)を織り込んだ動きとも言えますので、売り圧力は徐々に緩和されているのではないでしょうか?

 ともあれ、円安の大きな流れは変わらず

 高値から4.40円下落した米ドル/円ですが、日足の一目均衡表・基準線(117.85円)が終値ベースではサポートになっています。

米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 そして、10月15日(水)安値から12月8日(月)高値の38.2%戻しが115.57円レベルですので、調整が加速しても、そのあたりがボトムになるのではないでしょうか?

米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 この意味においては、116~117円レベルが、再び米ドル/円をロングにする好機ではないかと考えています。

 今週末、12月14日(日)の衆議院選挙の結果と米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較
jfx記事 バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る