ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

ザイFX!で2016年を振り返ろう!(1)
英国がEU離脱! 英ポンドは二度死ぬ!?

2016年12月12日(月)14:08公開 (2016年12月12日(月)14:08更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 2016年も残すところ、あとわずか。年末恒例となった、ザイFX!ならではの視点から振り返る2016年ということで、まず最初は【相場編】をお届け。数回に分けて、2016年のマーケットを振り返りたい。

■2016年は「サプライズ」の1年だった

 2016年の米ドル/円相場を振り返ると、ものすごく上下に動いたイメージを持っている人もいるのでは?

 それもそのはず、2016年年初に121円台後半まで上昇した米ドル/円は、2016年6月24日(金)に99円近辺まで反落。この時点でザックリ22円以上も下落したのだ。

 ちなみに、昨年(2015年)1年間の米ドル/円の変動幅が10円程度だったことを考えると、わずか半年でその倍以上動いたことになる。

 さらに、米ドル/円は年後半にかけて今度は上昇基調を強めると、およそ1カ月で10円以上も急騰するという、ちょっと想像できないような動きとなったのだ。

米ドル/円 週足 
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 では、これだけ相場を動かした背景にはいったい何があったのだろうか? これには「3つのサプライズ」が絡んでくる。ここからは、そうした観点で2016年の相場を振り返りたい。

■EU残留に英国国民は「ノー」! Brexitが決定!

 1つ目は、英国国民投票での「Brexit(英国のEU離脱)」決定。

 6月23日(木)に実施された英国国民投票。EU(欧州連合)残留か離脱かを問うこの投票に英国国民は「Brexit」という判断を下した。

【参考記事】
緊急特集:EU離脱・英国国民投票まとめ。まさかのEU離脱で世界に激震

英国国民投票の結果

 そもそも、今回の英国国民投票が市場の注目を集めたのは、投票日の1カ月ほど前、世論調査でEU離脱派が残留派を上回ったことがきっかけだった。

 とはいっても、そのままEU離脱で決定という感じではなく、その後、EU離脱派が優勢になったり、残留派が優勢になったりと大変な接戦となっていった。

 こうした流れを受け、FX各社では緊急セミナーが開催されたほか、特別レポートが発行されるなど、かなりの盛り上がりを見せた。一種のお祭り状態となっていったのだった。

【参考記事】
朝まで生ライブってFX界の田原総一朗か!? 6月24日午前0時から朝までずっと生放送!
英国国民投票前後でFXセミナー祭り!? 投票真っ最中のロンドンから生情報も!
最悪のシナリオを織り込み警戒する動き。 英国国民投票を前にFX会社が注意喚起!

 そんな中、EU残留を支持していたジョー・コックス議員が銃撃されたうえに刃物で刺され、殺されるという痛ましい事件まで起きてしまった。その結果、世論調査の結果などは最終的には、残留派がやや優勢という形に…。

【参考記事】
議員殺人事件の衝撃が流れを変えた!英国民投票で核兵器並みの為替介入も!?

 このように、世論調査ではEU離脱派と残留派ががっぷり四つ、残留派がやや優勢程度だったわけだが、市場関係者の予想はEU残留に偏っていた。

 たとえば、テレビ東京で放送されている早朝の経済番組「ニュースモーニングサテライト」(通称:モーサテ)では、出演している市場関係者に行ったアンケートで、回答した33人すべて、つまり100%がEU残留を予想するという、かなり衝撃的な結果が出ていたのだ。

【参考記事】
EU残留予想はモーサテ100%、ザイFX83%。驚きの英国国民投票・緊急アンケート結果

 こうした中で迎えた6月23日(木)の英国国民投票。投票締切り直後は調査会社の結果がわずかながらEU残留が優勢だったことから英ポンドも上昇していたが、その後は反落した。

6月23日(木)~24日(金)にかけての英ポンド/円 15分足
6月23日~24日にかけての英ポンド/円 15分足

(出所:Bloomberg)

 その後、投開票が進み、EU離脱派が勝利する地域が出始め、優勢になり始めると、英ポンドは下落から暴落へ…。

「これからEU残留派が多い地域の開票が進むので逆転できる」なんて楽観的な見方から、ギリギリまでEU残留との声もあったが、結局、Brexitが決定してしまったというわけだ。

【参考記事】
英国国民投票締切り直後の調査会社発表でEU残留が52%と僅差優勢。ポンド急騰!
英ポンドは一気に10円急落後は8円反発! サンダーランドでEU離脱支持派が勝利!
ついに英国のEU離脱が確定的な状況に!! 英ポンド暴落、米ドル/円も100円割れ!

 市場参加者の間で、EU残留優勢との見方が多すぎたので、記者もちょっと不気味な感じはしていたのだが、その予感がまさに的中することになってしまった。

 このBrexitを受けて、英ポンドは…

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る