ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

ポンド/円は買いだが、利上げすればそこが
天井。ドル/円は10月から上昇しやすい傾向

2017年09月19日(火)12:30公開 (2017年09月19日(火)12:30更新)
バカラ村

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

■英MPCが利上げ示唆! 英ポンド/円は6円以上の急騰

 9月14日(木)に英MPC(金融政策委員会)が開催されました。政策金利は据え置きでしたが、議事要旨では、今後数カ月以内に利上げを実施する可能性が示されました。

 これにより、英ポンドは急騰しました。

英ポンド/米ドル 1時間足
英ポンド/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 1時間足

 翌日の15日(金)にブリハ英MPC委員が利上げの可能性を示唆したこともあり、英ポンド/円は2日間で約630pipsも上昇しました。

英ポンド/円 1時間足
英ポンド/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 1時間足

 英ポンド/円は長期的なレジスタンスだった148円も突破し、現在も150円台で推移しています。

【参考記事】
米ドル/円にはまだ下値トライの可能性あり。英ポンド/円チャートに出た上昇サインとは?(9月12日、バカラ村)

■英利上げまで英ポンドは上昇しやすい状況へ

 金融政策に関しては、日銀はいまだに緩和策を継続していますが、米国やカナダは利上げを行っています。

 9月6日(水)のカナダの利上げはサプライズだったこともあり、それは加ドルの上昇に顕著に現れています。

米ドル/加ドル 日足
米ドル/加ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/加ドル 日足

 英国も利上げを行う可能性が出てきていることから、英ポンドは利上げをするまで上昇しやすい状況になったといえます。

 ただ、短期的には上昇スピードが早かったこともあり、目先は時間調整(横ばい)の動きになるのではないかと思います。

■今後も地政学リスクで下がったところは買い場に

 9月15日(金)に北朝鮮がミサイルを発射し、そのミサイルが日本の上空を通過したこともあって、リスク回避の動きから米ドル/円やクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は下落しました。

 ただ、北朝鮮の地政学リスクで下がったところは買い場だという認識も広がっており、今回も同じように、そのタイミングが底となりました

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

軍事衝突にならない限り、今後も米ドル/円やクロス円は、地政学リスクで下がったところは買い場とされるのではないかと思います。

【参考記事】
米ドル/円は北朝鮮ミサイル発射でも押し目限定的。年内の上値目標は115~116円!(9月15日、陳満咲杜)

■FOMCの注目ポイントはドットチャート

 今週(9月18日~)のイベントで注目されるのは、19日(火)~20日(水)に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)です。

 バランスシートの縮小開始が示唆されると思いますが、これについてはすでに織り込まれていると想定されるので、市場への影響は少ないと思います。

注目となるのはドットチャートの方で、今後の利上げ見通しに前回から変更があるかです。

 いまだに米国のインフレは鈍化していますが、ハリケーンの影響もあり、消費者物価指数が上昇してくる可能性が出てきました。

年内利上げの可能性が示唆されたり、これまで3回とされていた来年(2018年)の利上げ見通しなどが引き上げられるようであれば、米ドル買いで推移することになります。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

■米ドル/円、10月頃からは上昇しやすい傾向に

 週末、9月24日(日)には、ドイツの総選挙があります。

 メルケル首相が優勢ということもあり、こちらは無風通過が予想されます。

 日本でも衆議院解散、10月22日(日)に総選挙の可能性が高まっており、自民党が勝利する見通しが高いことから、解散・総選挙の可能性が意識された9月18日(月)は円安で推移しました。

【参考記事】
10月解散総選挙とトランプ来日で円安へ!? 英ポンド急騰! でもまだ上昇余地あり?(9月18日、西原宏一&大橋ひろこ)

季節性からは、米ドル/円は10月頃から年末に向けて上昇しやすい傾向にあり、材料も伴ってきているため、しばらくは円安で推移しやすい状況と言えます。

【参考記事】
米ドル/円の反動を大きくさせた原因は? 不確定要素だらけで、決め打ちは無理…(9月14日、今井雅人)
ドル/円下げ止まりを示唆するサインとは? ユーロ/円は中期的に140円を目指す動きに(9月14日、西原宏一)

 また、9月25日(月)の週には米国で税制改革の草案の公表が予定されており、こちらは米ドル買いの材料となります。

 ただ、米ドル/円は107円台から111円台まで上昇してきており、テクニカル的には短期的な上昇スピード速かったため、英ポンド/円と同様に調整する可能性が高い状態です。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 米ドル/円は、110円台半ばあたりまでの調整も想定されるのではないかと思います。

■英ポンドは利上げを実施したときが天井!?

トレードの方は、ユーロ/米ドルが中長期的に上昇すると考えているので買っていましたが、ユーロ高けん制発言が続いたこともあり、調整が深くなったので、ユーロ/米ドルの買いはやめて、英ポンド/円を買っています

メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」でも配信しましたが、英MPCの発表時には英ポンド/米ドルも買いました。ただ、上昇スピードが速く、調整の可能性が高まってきたので、英ポンド/米ドルは手仕舞いしています。

英ポンド/円は148円付近のレジスタンスを越えてきているので、この水準はサポートになりやすいのではないかと考えています。

英ポンド/円 週足
英ポンド/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 週足

 英国はBrexit(英国のEU離脱)懸念で景気の鈍化も予想されますが、利上げをするまで英ポンドは底堅いのではないかと思います。

 ただ、何度も利上げを行えるような状況ではないので、実際に利上げをすれば、そのタイミングが英ポンドの天井になるのではないかと考えています。

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング
バイナリーオプション比較 jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る