ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

欧州で懸念される「2つのドミノ」に警戒!
美子さんの注目通貨は米ドル/スイスフラン

2017年11月23日(木)12:00公開 (2017年11月23日(木)12:00更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■政治不安はありながらも「ユーロは買い」

 独立と離脱の不安はありながらも、美子さんのユーロに対する目線は「買い」だ。

 「政治的な不安がありながらもテーパリング(※)へと動き出したことが大きい。

 景気を見ても2017年のGDP予想はプラス2.2%。主要国の中ではアメリカに次いで景気がいい。

 今年(2017年)はずっとユーロ/英ポンドの買いで攻めていますが、BOEやECB(欧州中央銀行)の金融政策に大きな変更がないかぎり、買いの継続でいいかなと思っています」

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

松崎さんのユーロに対する目線は「買い」。今年はずっとユーロ/英ポンドの買いで攻めているそうだ

松崎さんのユーロに対する目線は「買い」。政治不安はあるとしながらも、今年(2017年)はずっとユーロ/英ポンドの買いで攻めているそうだ

■ユーロ/英ポンドのチャートポイントは?

 「ユーロ/英ポンドは0.83ポンドから0.88ポンドのレンジをいったん上抜けたのですが、抜けきれずに戻ってきたところです。0.88ポンドを明確に上抜けできるかどうかですよね」

 (※編集部注:この取材は10月31日(火)に行なっています。ユーロ/英ポンドは11月15日(水)に一時0.90ポンドの大台を回復する場面が見られましたが、その後、0.89ポンド台へ反落しています)

ユーロ/英ポンド 週足
ユーロ/英ポンド 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/英ポンド 週足

■英ポンド/円は米ドル/円次第か

 日本で取引する人が多い英ポンド/円の見通しはどうだろうか。

 「基本的には138円から150円のレンジと見ています。難しいのはクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は米ドル/円の影響を受けること。

 米ドルがどうなるのか、○○ショック的なリスクオフがあるのかどうかで変わってきますよね」

英ポンド/円 週足
英ポンド/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 週足

■美子さんが今注目している意外な通貨ペアとは?

 もうひとつ、美子さんが注目している通貨ペアがある。

 「上に抜けようとしている米ドル/スイスフランです。チャートを見ていただきたいんですが、ユーロ/米ドルの上下をひっくり返すと、米ドル/スイスフランとよく似た形になるんですね」

松崎さんが注目している通貨 ペアが米ドル/スイスフラン。 そして、米ドル/スイスフランの上昇のカギを握る通貨ペアは…

ザイFX!だとユーロ/米ドルだけでなく、米ドル/ユーロのチャートも表示できるので比べやすいはず。

 参考までに米ドル/ユーロと米ドル/スイスフラン、2つのチャートを並べると、以下のようになる。

米ドル/ユーロ(上)と米ドル/スイスフラン(下) 週足
米ドル/ユーロ(上)と米ドル/スイスフラン(下) 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 週足

 「ユーロ/米ドルがヘッド&ショルダー(※)になって下抜けしたのと同じタイミングで米ドル/スイスフランも上昇しています。

 このまま上抜けるようだと、上昇余地は大きそうです」

(※編集部注:「ヘッド&ショルダー」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼び、仏像が3体並んでいるように見えるため「三尊」と呼ぶこともある)

■スイス中銀の介入と市場の「オートブレーキ」

 ただ、スイスといえば、2015年のスイスショックが頭をよぎる。チャートを見ても、ショックの爪あとがはっきり残されているわけで……。

【参考記事】
ユーロ/スイスフランが約3800pips大暴落! スイス中銀が防衛ラインの撤廃を発表!

ユーロ/スイスフラン 週足
ユーロ/スイスフラン 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 週足

 「SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])が注目しているのはユーロ/スイスフラン。

 いまだにスイスフラン高が急速に進むとスイスフラン売り介入を行なっています

 そのため、ユーロ/スイスフランは下落が急になると『自動運転』のようにブレーキがかかるんです」

市場の「オートブレーキ」があるならば、スイスフラン売りのポジションは安心感がありそう。

 注目イベントが多い英国と欧州。普段、米ドル/円を中心に見ている人も英ポンドやユーロ、スイスフラン、それにポーランドズロチなどに目を向けるとチャンスが広がりそうだ。

(取材・文/ミドルマン・高城泰 撮影/和田佳久 編集担当/ザイFX!編集部・庄司正高)

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る