ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

クリスマスにかけてもう少し調整が続いても
来年以降、ドル高に向かうと考える理由は?

2017年12月14日(木)16:12公開 (2017年12月14日(木)16:12更新)
今井雅人

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■FOMCは今年3回目の利上げを決定

 今年(2017年)も、残すところ2週間余りとなりました。

 昨日、12月13日(水)は、今年(2017年)最後の大きなイベントの1つである、米国のFOMC(米連邦公開市場委員会)が、前日(12日)に引き続き、開催されました。

 結果は、政策金利であるFF(フェデラル・ファンド)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、1.25%~1.50%にするという内容でした。

米政策金利の推移

※FRBのデータを基にザイFX!が作成

 今回の利上げは、今年(2017年)3回目の利上げとなり、年間で0.75%金利が上がったということになります。

■為替市場はセル・ザ・ファクトの反応

 FOMCの声明文の内容をよく読んでみましたが、これまでと変ったところは、あまりありませんでした。

 また、同時に公表されたFOMCメンバー全員による「経済・金利見通し」での「ドットチャート」においても、来年(2018年)に関して、今年と同様、3回程度の利上げを想定していることも、これまでと同じでした。

2017年12月FOMCで示されたドットチャート
2017年12月FOMCで示されたドットチャート

(出所:FRB)

 そういう意味においては、全体的に、事前予想とほぼ同じ内容だったということなのですが、為替市場は「セル・ザ・ファクト」の反応をしてしまっています。

【参考記事】
過去2年の12月FOMCはセル・ザ・ファクトで相場の転換点に! 今回はどうなる…!?(12月11日、西原宏一&大橋ひろこ)

米ドルVS世界の通貨 1時間足
米ドルVS世界の通貨 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 1時間足

 おそらく、それまで米ドル買いのポジションが少し積み上がっていたので、その調整の米ドル売りが入ったということだと考えています。

■税制改正の議会通過にまた一歩前進

 もう1つのイベントが、米国の税制改正の行方です。

 12月13日(水)、米国の上院財政委員会のハッチ委員長は、上下両院の共和党指導部が、税制改革法案の一本化で合意したことを明らかにしました。

 どうやら、当初、20%への引き下げを計画していた法人税率を、21%にするという内容のようです。それでも、現在の35%からは大幅な減税ということになります。

 その他、個人所得税の最高税率は39.6%から37%に引き下げるなど、いくつかの税制改正が盛り込まれています。

 トランプ米大統領も早速、この案を支持する意向を示しました。早ければ、週末15日(金)にも正式に決まり、来週(12月18日~)中には、上下両院で採決する方向で調整が進んでいるようです。

トランプ大統領

トランプ大統領肝いりの税制改革は、早ければ来週中にも議会で成立する可能性が高まっている (C) Chip Somodevilla/Getty images

 しかし、この報道に対しても、為替市場は、あまり大きな反応を…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る