ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米金利上昇でも米ドル安になった理由は?
出鼻をくじかれ、しばらく後遺症が残る!?

2018年01月11日(木)19:01公開 (2018年01月11日(木)19:01更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■急激な円高! 日銀がテーパリング!?

 年初からジリジリと円安に向かっていたのですが、ここ2日間ほど、いくつかの要因で急激な円高が進みました

世界の通貨VS円 1時間足
世界の通貨VS円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 1時間足

 円高の要因のまず1つ目は、日銀のオペレーションです。

 日銀は1月9日(火)の午前10時10分に、国債買い入れオペを通告しました。対象は「残存10年超25年以下(買入予定額1900億円)」、「残存25年超(同800億円)」、「物価連動債(同250億円)」となりました。

 超長期国債の買い入れ額を「残存10年超25年以下」、「残存25年超」で、それぞれ100億円、前回から減額させました。

 この減額を見て、日本人は「特に大した意味はない」と冷静に受け止めていましたが、海外の市場参加者は、「テーパリング(※)開始のサインではないか」とか、「ステルステーパリングではないか」と大騒ぎし、一気に円買いをしてきました。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

世界の通貨VS円 1時間足
世界の通貨VS円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 1時間足

 年初から円売りを積み上げていたので、その投げということだったと思います。

■米金利が上昇したのに米ドル安になったワケは?

2つ目は、中国に関する報道です。

 翌10日(水)の海外市場で、米国の大手通信社ブルームバーグ(Bloomberg)が、「中国政府は米国債の購入の減額や停止を検討している」という内容を、中国政府関係者の話として報じました。

中国が米国の国債を買わないということになれば、米国債の価格は下落(金利は上昇)し、為替相場では米ドル安要因となります。

 通常、米国の長期金利が上昇すれば米ドル高になるのですが、このケースは逆の関係になるということです。

 海外のファンド勢を中心に、この報道を見て、さらに米ドルを売り込むことになりました。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足

(出所:Bloomberg)

米ドルVS世界の通貨 1時間足
米ドルVS世界の通貨 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 1時間足

 この2つの報道を受けて、米ドル/円は113円台前半から111円台前半まで、2円ほど円高が進行。その他のクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)でも円高が進みました。

【参考記事】
米ドル/円、株や米長期金利の上昇に追随できず…。111円割れなら107円台も視野!(1月11日、西原宏一)

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 1時間足

 ところで、日銀のオペレーションに関しては…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る