ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

日銀の条件付き長期金利上昇容認以降、
円高が進行!米ドル/円はじり安の展開へ!

2018年08月09日(木)16:45公開 (2018年08月09日(木)16:45更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■ビットコイン急落のワケとは?

 みなさん、こんにちは。

 まず最初に、久しぶりにビットコインについて。

 8月8日(水)、ビットコイン/米ドルは、7000ドル台から一気に6400ドル割れまで急落しました。

ビットコイン/米ドル 4時間足
ビットコイン/米ドル 4時間足

(出所:TradingViewによるBTCUSDチャート

 背景にあったのは、米SEC(証券取引委員会)にCBOE(シカゴ・オプション取引所)などが申請していたETFの認可判断を延期したことです。

 当初、8月10日(金)に予定されていたこの発表は、「ETFriday」として期待を集め、ビットコインは買われていました

 しかし、ETFridayへの期待が剥落して、急落を誘ったようです。

ビットコイン/米ドル 4時間足
ビットコイン/米ドル 日足

(出所:TradingViewによるBTCUSDチャート

米SECは、新たな日取りを9月30日(木)と発表しています。ここで気になるのが、日程の部分。

 10月11日(木)には、インドネシア・バリでG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)が開催されます。

 このG20までに、仮想通貨に対する国際基準を明確にするよう、FATF(マネ―ロンダリング対策などを行なう国際組織)は求めているようです。

 国際的な枠組みが決まる直前に、米SECがETFを認可するかといわれると疑問が残ります。

 今後、ビットコインは、9月30日(木)のETF期待で再び買われる可能性もありますが、認可への過剰な期待には警戒が必要です。

 2018年初頭にビットコインが急落して8カ月ほど経過していますが、ビットコインが再び堅調に推移するには、まだ時間がかかりそうです。

ビットコイン/米ドル 週足
ビットコイン/米ドル 週足

(出所:TradingViewによるBTCUSDチャート

前回のコラムで、ご紹介させていただいたように…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る