ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

107円台前半からの米ドル/円反発予想が
的中した理由は? 7月FOMCの焦点はここ!

2019年07月25日(木)13:28公開 (2019年07月25日(木)13:28更新)
今井雅人

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■市場が歪んでいるときは相場が読みやすい!

 一般的に、市場の方向性を予測するのは簡単ではありません。

 しかし、市場が歪んでしまっている場合は、修正が入る可能性が高いわけですから、こういうときは読みやすいということです。

【参考記事】
市場の過剰反応は利益を上げるチャンス! 米ドル/円は当面、逆張り戦略が有効か?(7月11日、今井雅人)

 そして、歪んでいるということが、どうやったらわかるのか?という点ですが、これはやはり、先物市場の価格や、オプション市場の動向などを見ることが大事です。

 といっても、どれをどう見たらいいのかは、なかなか難しいかもしれませんので、それは私の方で発信をしていきたいと思います。

【参考コンテンツ】
ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人

■利下げは確実。FOMCの焦点は…?

 さて、FOMCに関しては、前回のコラムで説明しましたが、念のため、もう1度、説明しておきます。

【参考記事】
FOMC前までレンジ相場か。でも、今後は円高圧力がかかりやすい。そのワケとは?(7月19日、今井雅人)

来週のFOMC(7月30日~31日)では、0.25%の利下げが行われることは、ほぼ確実。もし、利下げがなければ、米ドル高になるのは必至ですが、その可能性は極めて低いと思います。

 となると、問題は次の利下げがいつになるかという点です。

それを示唆するのは、会合後に行われるパウエルFRB議長の発言だと思います。

パウエルFRB議長の写真

7月30日~31日のFOMCで0.25%の利下げが実施されるのは、ほぼ確実。問題は次の利下げがいつになるかで、それを示唆するのは会合後のパウエルFRB議長の発言だと今井氏は指摘 (C)Bloomberg/Getty Images News

 年内に、さらなる利下げがあるのは確実だとは考えていますが、それが次(9月)のFOMCで実施される可能性を示唆するものが出てくれば、米ドル安の展開になると思います。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 そうならなければ、相場はレンジのままということになるでしょう。

 とりあえず、FOMCまではレンジ相場が続くという認識で、米ドルが上がったら売り、下がったら買いを続ける方針を継続します。

【参考記事】
FOMC前までレンジ相場か。でも、今後は円高圧力がかかりやすい。そのワケとは?(7月19日、今井雅人)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る