ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

Vリスクオンムードが続きドル堅調、
イベントなくパウエル議長待ち

2019年08月20日(火)11:57公開 (2019年08月20日(火)11:57更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はドイツの財政支出の話題が先行した。これは先週にすでにドイツ誌で紹介されていた内容であったが、新たに財務長官の口から出たものだ。マイナスのGDPが続くと、それをリセッションだと定義しているが、前回にマイナス0.1%だったのでリセッション入りがささやかれていたところだ。

 500億ユーロといった具体的な規模を明示したのも市場を喜ばせた。欧州株は盛り上がり、それにつれてグローベックスでの米国株も大きく上昇。形の上では先週末の上昇過程を継続している。そういうわけで週明けのマーケットの注目点は、リスクテークの流れが続くのかであった。

 株価上昇だけに限らず、ドル金利も反発・上昇してきている。そこでドル相場も持ち上がるものだと思ってドルの広い場を探していたのだが、アジア時間ではドル円はむしろ重い。ぜんぜん上がっていかないのだ。106円台の前半まで下がってきたので、ドル円を買う気は失せた。

 しかし欧州時間ではドイツ債の下げもあって、リスクテークに弾みがついてきた。ドル円も早々に106円台の中盤まで値を戻してきた。私も途中で何度か買ってみようと思ったのだが、ついに買いそびれてしまった。ユーロドルやポンドドルなどはそれほども動いていなくて、ドルの全面高と言うわけでもなかった。

 すでにグローベックスで大きく上がってしまっていたので、ニューヨーク時間のコアタイムでは株価の動きは小さかったといえよう。それでも米中関係の改善が見られるなどといった好材料も出て、マーケットはリスクオンムードのままで続いた。

 今週は材料が少ないが、市場の目はすでに木曜日のジャクソンホールに移ってしまっている。それまでは動きようがないといったところだ。市場金利がすでにかなり下がってしまっている現状では、9月利下げも0.5%でも少ないと言えるかもしれない状態である。後はそれをどう説明するのか。パウエル議長の話の内容を待たねばならない。

日本時間 12時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る