ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

参加者少ないなかクロス円堅調、
楽観的なアフターコロナ本物かNY待ち

2020年05月26日(火)15:02公開 (2020年05月26日(火)15:02更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日は米英ともにお休みだった。これはクリスマスとともに1年のうちでもっともマーケットが閑散となる日であるのは周知の通り。しかるにドル円などは10ポイントほどしか動かなかった。その一方でユーロ買いが目立った。ユーロドルは上がると言っても、30ポイント程度のものなのだが。

 ユーロ上昇の起因となったのは、ドイツの景況感が改善していたからである。またドイツのナショナルフラッグであるルフトハンザ航空がようやく政府の支援を受けられることが決まったことも市場に安心感を与えた。これでドイツ株は急伸。スペインも観光客を隔離しない方針を打ち出したことで、欧州域内の景気底打ち感が高まってきたのである。

 グローベックスは半日営業であったが、欧州の流れにそって米国株も上昇。これまでのコロナ以降の戻し高値を超えてきた。テクニカルにかなりレジスタンスとしてワークしていたところの上抜けだけあって、それが本物なのかどうか今晩の米国勢の参入で確かめることになる。

 ところで大手新聞で安倍内閣の支持率が29%と出た。過去の例では30%の大台を割り込むと、その内閣は崩壊寸前だということになる。サクラの問題まではさして支持率の落ちなかった安倍政権。

 だがここにきてようやく人気を失いつつあるようだ。賭け麻雀に絡んだ官僚の人事決定の不透明さが最大の問題であるのは間違いないが、コロナウイルスの感染対策にも原因があろう。

 思えば世界的なパンデミックの中、求心力を高めた国もある。韓国や台湾が顕著であり、ドイツやイタリアでも政権支持率が大きく高まっている。いうまでもなく疾病対策だけでなく、経済的保障にも力を注いだ点が国民にからである。日本も支持を伸ばすチャンスであったにもかかわらず、やり方がまずかったということだろう。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る