ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

レンジトレード継続。なぜソフトバンクGの
TモバイルUS株売却で円買いが起きないの?

2020年06月25日(木)15:25公開 (2020年06月25日(木)15:25更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米国でコロナ感染が再び拡大傾向に

 今回は、まず、新型コロナウイルスの話からしたいと思います。

 ここにきて、米国では再び、新型コロナの感染者数が拡大傾向にあります。

米国の新型コロナウイルス感染者(日別)
米国の新型コロナウイルス感染者(日別)

(出所:世界保健機関)

 この1カ月ほど、経済活動を比較的、早期に再開した南部や西部の州で感染者が増加しており、特にアリゾナ州やテキサス州、フロリダ州などでは、1日当たりの感染者が多い日で3000人から5000人と急増しています。

 その他でも、アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、ノースキャロライナ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州でも、1日の新規感染者数の記録を直近で更新しています。

 NY(ニューヨーク)州のクオモ知事は、これらの州からの訪問者に、到着後、14日間の自主隔離を強く求める指針を発表しました。

■トランプ大統領が示した典型例とは?

 こうした状況を嫌気して、昨日、6月24日(水)のNY市場では、NYダウが急落しました。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:Trading View

トランプ米大統領は、経済を優先させるとこうなるという典型例を、世界に示してしまったかのようです。

 簡単に言えば、これが、コロナウイルスと付き合っていくということです。

 ワクチンが開発されるまでは(それがいつになるのかは、わかりませんが)、こうした、緩めれば感染が拡大する、そうするとまた経済に影響が出る、という状況を繰り返すということを、我々も改めて覚えておかなければなりません。

【参考記事】
新型コロナは第2ステージ入り。ドル/円の105円台は買いだが、もぐらたたき戦法で!(5月8日、今井雅人)
新型コロナの影響は最短でも数カ月続く。米ドル/円は、戻りがあれば必ず叩き売り!(3月12日、今井雅人)

■当面はトレンドができる状況ではない

 一方で、これまでも話をしてきたとおり、世界的な政府や中央銀行による巨額なマネーのバラマキが、不自然に金融市場を支えています

 しかし、これは、実弾(巨額なマネー)が実際に打ち込まれているわけですから、一気に崩れることもないでしょう。

 つまり、相場は不思議なバランスを取るということです。

【参考記事】
コロナバブルが当面、弾けない理由とは? ドル/円・クロス円は反動狙ってエントリー(6月4日、今井雅人)
「コロナバブル」はまだ崩壊していない! ドルインデックス底打ちで米ドル/円も上昇か(6月12日、陳満咲杜)

 当面、株式市場にしろ、為替市場にしろ、トレンドができるような状況ではないということを、よく認識しておきたいと思います。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 ちょっと変わり種の材料としては…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る