ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

金の最高値更新は本当に米ドル崩壊の証拠?
もし米ドルが崩壊すればそれは世界の終わり

2020年08月07日(金)18:03公開 (2020年08月07日(金)18:03更新)
陳満咲杜

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■円高、円高と言っているが、本質的には米ドル安である

 一般論として、巷の常識あるいは認識は、往々にしてずれているか、間違ったものが多い。相場の世界に限ったことではないが、相場の話になると、いわゆる先入観や固定観念にとらわれ、また、相場自体が森羅万象を織り込むものであるがゆえに理解し切れない側面が大きいから、そういった傾向は一層強いかと思われる。

 目下の為替市場の話もその典型だ。前回のコラムでも指摘させていただいたように、猫も杓子も円高、円高と言っているが、本質的には円高ではなく、米ドル安であり、円はむしろ主要外貨の中で一番弱い。だから、これがユーロ/円など主要クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の堅調さにつながっているわけだ。

【参考記事】
米ドル全面安はそろそろ一服?本格的な円高の到来はなぜあり得ないのか?(2020年7月31日、陳満咲杜)

 その上、金の高騰がリスクオフの表れとして解釈される一方、株高をリスクオンの現象として説明したり、米ドル安でもたらされた受動的な円買いをリスクオフの円高だと決めつけたりと、矛盾した見方や理由の後付けが氾濫するのも、今に始まったことではない。

 したがって、比較の対象によってロジックが著しく変わっていく論調からは距離を置いた方が得策であることは自明の理だ。

■「米ドル崩壊」か否かは、金価格と比べれば明らか

 円高、円高と盛んに主張する一方、ユーロの話になると、ユーロ/円の堅調さを無視して、ユーロ/米ドルの上昇ばかりを強調する論調の多くは、「米ドル崩壊」のコンセプトを、また持ち出している。「また」ということは、今まで散々言われてきたことなので、驚くことではない。

 「米ドル崩壊」を煽る材料は、米中摩擦や米金融緩和の継続などが容易に見つかり、また、巷にあふれているから、ここでは重複して説明しないが、米ドルと金の値動きを比べて見てみたい。

 なぜなら、金の史上最高値更新が、前述の材料によって支えられたと言われ、また、「米ドル崩壊」の証拠として大きく取り上げられているから、比較すれば何らかのヒントを得られるはずだからだ。

 執筆中の現時点で、米ドル建て金は一時2075ドルの高値をトライし、2011年高値(8月、1921ドルに近い)より8%ほど高い

金価格 月足
金価格 月足チャート

(出所:TradingView

 一方、ドルインデックスの直近の安値は92.48なので、2011年8月安値の73.51より26%程度も高い水準にある。

ドルインデックス 月足
ドルインデックス 月足チャート

(出所:TradingView

 そうなると、金の急騰、また、高値更新しつつあること自体は問題ないが、金の急騰や高値更新をもって「米ドル崩壊」を語ることには「偽りあり」と言わざるを得ない。

金は急騰しているが、米ドルは別に崩壊していない上、むしろ金の急騰や史上最高値の記録に照らして考えると、米ドルは感心するほど強いのではないかとさえ感じる。

 前述のように、「米ドル崩壊」説は繰り返し流行ってきた論調で…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 田向宏行 バイナリーオプション比較
jfx記事 田向宏行 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る