ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米大統領選に向けたポジション調整、ほぼ
終わったか。米ドル/円はレンジ取引継続!

2020年10月30日(金)12:31公開 (2020年10月30日(金)12:31更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■クロス円下落は米ドル高が進んだ結果

 しかし、それぞれの値動きをよくよく見てみると、クロス円の下落というよりは、むしろ、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドル、あるいは豪ドル/米ドルで、米ドル高が進んだということがわかります。

 これらの通貨ペアは、この1カ月ぐらい上昇、つまり、ずっと米ドル安傾向にあったのですが、その間に上昇した分を、今週(10月26日~)でほとんど戻してしまったことが、よくわかります。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

 一方、その間も、米ドル/円だけは方向感のないまま、104~106円のレンジの中をうろうろしていただけであることも、わかると思います。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

■米大統領選に向けたポジション調整は、ほぼ終わったか

 つまり、この1週間の動きというのは、米ドル/円を除いては、それまでの調整相場であったということです。

 これで、米大統領選に向けてのポジション調整は、ほぼ終わったと考えておけば、いいのではないでしょうか。

 もうここからは、今週(10月26日~)の動きは、続かないのではないかと考えています。

■引き続き、米ドル/円のレンジトレードが安全か

 これは、今年(2020年)の相場の特徴ですが、これまで、一方的な相場のトレンドが長続きしないということが、ほとんどでした。

 ですから、そのことを念頭にトレードをした人はうまくいったでしょうし、逆に、相場を追いかけてしまった人は、あまりうまくいかなかったのではないでしょうか?

 基本的には、米大統領選が終わっても、こういう傾向は続くのではないかと、個人的には考えているのですが、それに関しては、来週(11月2日~)以降、改めて考えていくことにします。

 トレードに関して言えば、これまで、米ドル/円を104~106円のレンジと考えて、レンジトレードを続けるのが一番、安全だと言い続けてきましたが、その方針は変えずにおきたいと思います。

【参考記事】
市場がバイデン勝利を織り込まないワケは? 米ドル/円は104~106円のレンジトレードで(10月22日、今井雅人)
今回の米大統領選は2016年とは状況が違う。米ドル/円は当面104~106円、クロス円は?(10月16日、今井雅人)
米大統領選が近づき、しばらく気迷い相場か。米ドル/円は、引き続きレンジトレードで!(10月8日、今井雅人)
米ドル/円の104~106円を想定したレンジ取引が一番いいか。相場が崩れた理由は?(9月24日、今井雅人)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 CFD口座おすすめ比較
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る