ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

突然、ハト派からタカ派になったFRB。
米ドル高継続なら、ユーロ/ドルは戻り売りで

2021年06月22日(火)08:24公開 (2021年06月22日(火)08:24更新)
バカラ村

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■FRBはハト派から、突然タカ派に変わった

 6月16日(水)に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果は、政策金利などは据え置きでしたが、ドットチャートでは2023年末までに利上げが2回との見通しで、これはサプライズになり、米ドル高となりました。

2021年6月FOMCで公表されたドットチャート
2021年6月FOMCで公表されたドットチャート

(出所:FRB

ドルインデックス 4時間足
ドルインデックス 4時間足

(出所:IG証券

 前回までは、2023年末までゼロ金利政策が継続されるとされていましたが、今回は1回の利上げの可能性は予想はされていたものの、18人中13人が利上げ、そのうち11人は2回の利上げを予想しています。

 据え置きは5名ですが、6回の利上げも2名もいるため、FRB(米連邦準備制度理事会)メンバーでかなりの差が出てきています。

 そして、2022年も利上げが7人と、こちらも増加しています。

 インフレについても、パウエルFRB議長は「FRBの予想以上に上昇し持続する可能性がある」と発言しています。

FRBはこれまでハト派だったところから、突然タカ派に変わったように思います

 6月18日(金)や22日(火)に、ブラード米セントルイス連銀総裁の発言がありましたが、こちらもタカ派に変わっています。

「インフレが加速すれば2022年後半に利上げする見通し」、「上サイドのインフレに備える必要がある」、「テーパリングの議論を始める時期にきている」など、タカ派な発言になっています。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■米ドル高継続なら、ユーロ/ドル、豪ドル/ドルは戻り売り

 これらを受けて、株式市場は下がり、為替市場は米ドル高に推移し、ユーロ/米ドルは1.1847ドルまで下がりました。

 ただ4時間足では、MACDなどが売られ過ぎの状態になっており、昨日(6月21日)は反発しています。

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:IG証券

 FRBの金融政策が、緩和策から出口へ転換し始めたこともあり、今後もまだ米ドル高になる可能性があると考えています。

 ドルインデックスでは、超長期では2018年の安値から反発、今年(2021年)の年初の安値からも反発しているため、まずは3月31日(水)の93.40を目指すような動きが出てくるのではないかと思います。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:IG証券

 そうであれば、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルなども下がる可能性があります。

 今は4時間足で売られ過ぎのため、反発していますが、戻ったところでは売りでいいのではないかと思います。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:IG証券

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■豪州、英国、ニュージーランドも出口に向かう流れか

 今週(6月21日~)は、24日(木)にBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])の金融政策会合があります。

 7月6日(火)には、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])もあります。

 カナダはすでにテーパリング(※)をしており、ニュージーランドは来年(2022年)に利上げが予想され、英国や豪州も、FRBが出口に向かうのであれば、同じように出口に向かいやすいと思います。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

【参考記事】
NZ中銀は2023年末までに5回利上げも。ニュージーランドドルは長期的に買い方向で(6月1日、バカラ村)
4月FOMCでのテーパリング示唆は見送りか。GWは海外勢の仕掛け的な円買いの可能性(4月27日、バカラ村)

 今後は、各国の金融政策が重要になってきます。

 基本的には出口に向かいやすいため、そのイベントでは通貨高(対象の国の通貨が買われる)になりやすいと考えていた方がいいのではないかと思います。

 ただ日銀だけは、出口はまだ考える必要も無いと思います。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る