ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FRB人事は予想通りの布陣で好感したが、
ドル金利は4回分も織り込みに

2021年11月23日(火)15:41公開 (2021年11月23日(火)15:41更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はニューヨーク序盤でバイデン政権がFRBの人事を決めた。パウエル議長が再任し、ブレイナード理事が副議長に昇進。大方の予想通りではあったので市場はそれを好感し、米国株は過去最高値を記録した。しかしバイデン大統領もあまり深く考えないで言葉を発したのか、足下の物価高にも注文をつける形となってしまった。

 政府としては備蓄石油を放出するなどして、物価上昇を押さえ込もうと躍起になり出しているのは事実だ。つい思っていることを口にして閉まったのだろう。だがこれはFRBの「物価高は一時的」だとするスタンスとは異なる。これがドル金利の上昇を誘発した。ドルの短期金利は一段高し、来年内に3回分の、つまり75ベーシスの利上げを完全におりこんでしまい、4回分も織り込みにかかっている。

 市場との対話がスムーズにできるのかどうかの疑惑が高まってきたところに、パウエル議長も就任のご挨拶の中でインフレの長期化は絶対に避けなければと発言した。これによって利上げ観測は確かなものとなって、米国株は急落することとなった。金利上昇に自信が持てたことからも、為替相場ではドルが全面高となった。ドル円もユーロドルも、今年のドル最高値をつけている。

 今週は感謝祭だが、パウエル発言の中身がどのくらいまで本気なのかを確かめにいくような相場展開になるだろう。FRBから軌道修正のコメントが出されない限りは、ドル金利の上昇は続きそうだ。ドル円もユーロドルも、もう200ポイントくらいはドル高のルームがあるのではないだろうか。ドル円はさっそく115円台を突破してきた。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る