ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

スイスのビッグマックセットは2200円!?
ユーロ/スイスフランは、年末には0.9000
フラン、米ドル/円は調整後に137円突破か

2022年07月07日(木)18:09公開 (2022年07月07日(木)18:09更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

窮地に立たされるジョンソン英首相。英ポンド/米ドルは1.2000ドルを割り込み急落

 みなさん、こんにちは。

 現在、英国ではジョンソン首相が窮地に立たされていて、英ポンド/米ドルは1.2000ドルを割り込み急落しています。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(出所:TradingView

 しかし、そうした英国の大規模な政治危機があっても、ユーロ/英ポンドを上昇させるには不十分で、ユーロは買われない展開です。

 その要因は、欧州天然ガス価格が再び高騰していること。

欧州天然ガス価格
欧州天然ガス価格

(出所:TradingView

 ECB(欧州中央銀行)が徐々にタカ派にシフトしている事もあり、ユーロはもっと強くなってもいいのですが、欧州の天然ガス価格(=オランダTTF天然ガス価格)の高騰もあり、ユーロが軟調に。

 ユーロ/米ドルは年初来安値である1.0350ドルを割り込むと、下落が加速し、一時1.0162ドルまで急落。重要な節目のパリティ(=1.0000ドル)割れまであとわずか160pipsにまで迫っています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 ユーロ/円も140.00円をあっさり割り込み、137.27円まで大きく下落しました。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足

(出所:TradingView

 

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

スイスフランは堅調。ユーロ/スイスフランは明確にパリティ割り込む

 ただ、弱いユーロに対して買われる通貨は、筆者が数カ月以内で最強通貨になるとしているスイスフラン。

前回のコラムでご紹介させていただいたスイスフランは、今週(7月4日~)も堅調。

【参考記事】
スイスフラン/円は、1フラン=150円に向けて上昇中! わずか2週間で10円も急騰、逆通貨戦争で最強通貨となったスイスフランを買え!(6月30日、西原宏一)

 対円は、今週(7月4日~)のユーロ/円の下落で調整局面ですが、ユーロ/スイスフランは大きな戻しもないまま続落しています。

 7月5日(火)に重要なサポートラインであるパリティ(=1.0000スイスフラン)を明確に割り込みましたが、本稿執筆時点では0.9875スイスフランまで続落しています。

ユーロ/スイスフラン 日足
ユーロ/スイスフラン 日足

(出所:TradingView

スイスのビッグマックセットは2200円!ヨルダンSNB総裁の通貨高誘導も納得

 なぜ、これほどスイスフランが強いのかもう一度確認してみましょう。

 現在、米国を筆頭に世界中でインフレが拡大しているのは、多くの報道で知られているところ。

 そこで、今回スイスではどの程度、インフレが進んでいるのかチェックしてみました。

 筆者の知り合いに有名な画家がいるのですが、先月(6月)、バーゼルに滞在していたので、物価動向を聞いてみました。

 なんと、マクドナルドのビッグマックセットが2200円!従業員の時給が2800円というから驚きです。

 あまりの高さに、(失礼ではあるのですが…)彼が少々大げさにいってるのかと思い、スイスのマクドナルドの商品価格を調べてみました。

スイスのビッグマックの販売価格
スイスのビッグマックの販売価格

(出所:smood.ch)※1スイスフラン=140円で計算

 これを見ると、ダブルビッグマックメニューは15.50スイスフラン。スイスフラン/円を140円として計算すると、2170円になります。一方、日本のダブルビッグマックセットは790円。

2170円(スイス)VS 790円(日本)

 これでは、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])のヨルダン総裁がインフレを嫌って通貨高(スイスフラン高)に誘導しようとするのもうなずけます。

 加えて、過去10年間に渡る為替介入により、SNBのバランスシートには巨額の外国資産が膨れ上がっています。SNBはバランスシートの保全の意味からも、その外国資産を徐々にマーケットに売り戻すのではないかと報道されています。

 これもスイスフラン高要因であるため、こうした報道にも要注意です。

 パリティを割り込んだユーロ/スイスフランは、まず0.9500スイスフランがターゲット。とある米銀では、0.9000スイスフラン台前半まで下落するのではないかと予測しているようです。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

米ドル/円は底固め後、早晩137円をブレイクし上昇トレンドに回帰へ

 一方、今週(7月4日~)の米ドル/円は、ユーロ/円や豪ドル/円の下落に誘引され、一時134.79円まで下落。

 ただ、米ドル/円は米金利のシャドーマーケットの側面もあり、米金利が崩れなければ、米ドル/円の下落も限定的になります。

 FRB(米連邦準備制度理事会)の大幅な連続利上げを控えて、米10年債利回りの下値余地も限定的であり、米ドル/円は134.00±1円程度で底固めをした後は、早晩137円をブレイクして、再び上昇トレンドに回帰するのではないでしょうか。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

7月の本命はパリティを割り込み、0.9000スイスフランへと続落するユーロ/スイスフラン。

 そして、米10年債利回りが底固めし、調整後再び137 円ブレイクを目指す米ドル/円の動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る