ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

豪ドル/円は100円超えの前に買いたい! 100円手前で何
度も足踏みしたが、株が堅調なら抜ける可能性。利上げ予
想のNZドル/円も、RBNZ前の利食い売りなどを拾いたい

2024年02月26日(月)15:06公開 (2024年02月26日(月)15:06更新)
西原宏一&大橋ひろこ

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

日経平均の史上最高値更新で、米ドル/円も152円を超えてもおかしくないのに…

日経平均が史上最高値を更新しました。米ドル/円も日本株と相関して上がってもおかしくないのですが、地味な値動きですね。

米ドル/円&日経平均 日足
米ドル/円&日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

株と為替ではだいぶセンチメントが違いますね。上値警戒感が強いのか、年初来高値150.89円も超えられません。


日経平均も上がっていますし、152円を超えないと介入はないだろうというのがコンセンサスなのですが。

IMM(国際通貨先物市場)では、円ショートが12万枚まで増えました。

IMMのポジション状況(米ドル/円)
IMMのポジション状況(米ドル/円)

(詳しくはこちら → IMM通貨先物ポジション/経済指標・政策金利

1月の日本株上昇は、中東を中心とした海外勢の買いでした。


本来ならば為替ヘッジで、152円を超えるくらいの買いが出てもおかしくないのですが、下がったら買うつもりなのか、握ってしまうのか。

利上げ予想のニュージーランド、100円目前の豪ドル/円がトレンドに?

今週水曜日(2月28日)にはニュージーランドの政策金利が発表されます。


ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)は2月、4月の連続利上げを予想していますし、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])も昨年(2023年)11月会合では、利上げ再開リスクの高まりを指摘していました。

そのわりに金利先物市場での織り込みは30%程度にとどまっています。


2月はもっとも売られた通貨が円で、買われたのはニュージーランドドルですから、期待感があるといえばあるのですが、RBNZの金融政策発表前に利食い売りが出る可能性もあります。


そう思っていたら本日(2月26日)、すでに豪ドル/ニュージーランドドルが上げています。水曜日の発表までにどこかで買おうかなとは思っています。

豪ドル/円も先週(2月19日~)、99円台にタッチしました。節目の100円が近づいていますね。

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

「あと1円」が遠いですね。これまでも99円台では足踏みしています。


個人投資家の塩漬けになっていたロングが手仕舞われる水準なのかもしれませんが、今はもうロングがそれほどたまっていないでしょうから、株式市場が堅調ならば、今回は抜ける可能性もあるのではないでしょうか。

豪ドルで気になるのは、中国との相関性ですね。

そのとおりで、中国とのデカップリング(切り離し)は進んでいるのですが、中国の経済指標が悪かったりすると落とされるケースがまだありますし、これまでは100円手前で売っていればうまくいっていました。100円を超えてから買いたくはないので、その前には買いたいところです。


昨年はスイスフランを筆頭に欧州通貨が買われましたが、今年(2024年)はオセアニア通貨がトレンドになるのかもしれません。中国という懸念はありつつですが。

木曜日にPCEデフレータ、月末も控える

経済指標では、木曜日(2月29日)にPCEデフレータが発表されます。米金利が動けば米ドル/円も反応しそうですね。

今週(2月26日~)は月末週でもありますが、最近のロンドンフィキシングは予想が難しい。


それよりも月初の新NISAに注目しています。新NISAで買われる「オルカン」などの為替フローが米ドル/円に入るとすれば、来週月曜日(3月4日)あたりでしょうか。

【※関連記事はこちら!】
ロンドンフィックス(フィキシング)とは? ロンドンフィックスを利用した4つのトレード手法の紹介に加え、FXのトレードで注意しておきたい点も解説!

注目されていたエヌビディアの決算は予想を上回る好調ぶりでした。生成AI関連が買われる動きはまだ続くのかもしれません。

日本でもワイドショーやニュースで、日経平均の史上最高値や半導体工場誘致で活況に湧く熊本が盛んに取り上げられていました。


日本株も失われた34年を取り返し、ここからがスタートなのかもしれません。

「セブン・サムライ」と「日経半導体株指数」

34年前の高値を抜くのは大変でしたが、ステージが変わった感があります


ゴールドマン・サックスは日本版マグニフィセント・セブンとなる「セブン・サムライ(SCREENホールディングス、アドバンテスト、ディスコ、東京エレクトロン、トヨタ自動車、SUBARU、三菱商事)」を発表しました。どの銘柄を買っていいかわからない海外勢には人気となりそうです。

日経新聞も半導体関連の銘柄で構成する「日経半導体株指数」の算出を3月25日(月)から始めます


これに連動したETFや投資信託も出てくるでしょうから、それもまた注目を集めそうです。

新NISAではオルカンを筆頭に海外株ばかりが注目されましたが、今から始める人は日本株を選ぶ人が増えそうですね。

棒上げのオセアニア通貨は押し目買い

今週の戦略はどう考えますか?

上値が重い米ドル/円よりも、オセアニア通貨のクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)のほうがよさそうです。


ただし、ニュージーランドドル/円、豪ドル/円ともに、2月の日足はほとんどが陽線で棒上げとなっています。高いところは買わず、RBNZの金融政策発表前に利食い売りなどが出たところを拾っていきたいですね。

ニュージーランドドル/円 日足
ニュージーランドドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る